ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想、あらすじ

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

2014年公開のアメリカ映画。「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の続編。

キャプテンアメリカがアベンジャーズとしてニューヨークで戦った後の話。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第9作品目。

(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.

 

前作の感想,あらすじ

 

sasakimovie.hatenablog.com

あらすじ

アベンジャーズがニューヨークでロキの軍団から世界を救ってから2年。

 

キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースはニック・フューリー,ブラック・ウィドウらとともに諜報機関S.H.I.E.L.D.に所属していた。

70年前の第二次世界大戦時にシュミット率いる組織ヒドラを壊滅させるため戦場で戦い続けたスティーブは、今の平和な時代にいまだに馴れずにいた。

 

ある日ブラック・ウィドウとともに海賊に占拠されたS.H.I.E.L.D.の船の人質を救出する任務を受けた。彼らは無事に人質を救出したが,スティーブはブラック・ウィドウがこっそり船のコンピュータからデータを回収しているところを発見した。彼女を問い詰めたスティーブだったが,彼女も詳しいことは知らなかったためS.H.I.E.L.D.本部に帰った後,ブラック・ウィドウにデータの回収を命じたフューリーに話を聞いた。

 

スティーブはS.H.I.E.L.D.がスパイ衛星を打ち上げて世界を監視し,潜在的な悪い人を探して空から先制攻撃する計画を進めていることを聞いた。世界の人々に自由が無くなるんじゃないかと思ったスティーブはその計画に反対した。またフューリーも疑問を持っていたため,世界安全保障委員会のアレクサンダー・ピアーズに計画を延期するよう頼んだ。

 

その後フューリーは謎の暗殺者ウィンター・ソルジャーの襲撃を受けるが,何とか逃げ切れたフューリーはスティーブの部屋に行き「S.H.I.E.L.D.は危ない。誰も信じるな。」と伝えてUSBメモリを渡した。その直後にウィンターソルジャーに再び襲撃されフューリーは撃たれてしまう。スティーブはもちろん捕まえるために盾を投げて攻撃したが,簡単に掴まれて逃げられた。そしてフューリーは病院に連れていかれた後死亡が確認された。

ピアーズに呼び出されフューリーから何か襲撃犯の手がかりを聞いていないか聞かれたスティーブは,フューリーが最後に言った言葉の通り彼を信じず,USBメモリのことは教えなかった。するとピアーズは仲間にスティーブを襲わせた。それを振り切ったスティーブだったが,S.H.I.E.L.D.全体が彼の敵になり追われる身になってしまった。

スティーブがブラック・ウィドウと合流してUSBメモリを調べた結果,ニュージャージー州にある古い軍の施設に何かがあることが分かり二人はそこに向かった。

 

そこは70年前,スティーブがまだ貧弱な肉体だったころに訓練を受けていた軍の施設だった。奥に進むとそこにはスティーブがいた時にはなかったS.H.I.E.L.D.の最初の本部が隠されていた。

 

そこにある古いコンピューターを起動させると,70年前の彼の戦いに繋がる衝撃の事実があった。それを知った彼は再び世界を救うための作戦を実行する。

 

amazonビデオ

 

DVD

http://amzn.to/2calyGT

感想(ネタバレあり)

アクションについて

今回はキャップとブラック・ウィドウのアクションがかっこいいです。
特にキャップは前回よりも盾の扱いのバリエーションが増えてて見てて飽きなかったです。前作はキャプテン・アメリカ誕生の話で盾を使い始めるのが後半でしたが、今回は最初から使っているので使い慣れた感じが出てました。壁や床に当てて跳ね返らせて敵に当てたりして面白かったです。
その他にもパラシュートなしで飛行機から降りたり、生身と盾だけで攻撃してくるヘリコプターを落としたり無茶苦茶やっててすごかったです。

そんな今回すごい強いキャップだからこそ,投げた盾がウィンター・ソルジャーに掴まれたはすごくびっくりしました。

ストーリー

前作は地味だとか書きましたけれど、今回は衝撃の連続ですごく面白いです。

前作観てない人からしたらそんなに衝撃でも無いのかもしれませんけど、キャップが好きな人と時間を離れてまでして倒したはずのヒドラが実はまだ残っていたというのがびっくりしましたし、ショックでしたね。

それからウィンター・ソルジャーの正体も驚きでした。前作を観ていても、あの人がまた出てくるなんて思っていなかったので、初めて見た時にはキャップと同じぐらいの熱量で”なんで彼がここにいるんだ。”って思いました。

キャプテン・アメリカについて

前作では自由を正義を求めてまっすぐに突き進んでいたキャプテンでしたけど,今回は自分がやってることの正しさや,かつての友達のことを考えて悩んでいて,また違った面が見られます。

暗殺者になって自分のことも忘れている相手に対して「お前とはとは戦えない,友達だ。」とか「なら終らせろ,最後までとことん付き合うよ。」とか言うのを見て,相変わらずキャプテンは優しくてかっこいいわーって思いました。

それとサムに言われていた「キャプテンアメリカが助けを求めてる。これ以上の理由はあるか?」っていうセリフからも,キャプテンがみんなに慕われているということが伝わってきて良かったです。

 まとめ

前作よりもキャップのアクションもストーリーもパワーアップしてて、すごく見応えあります。キャップの熱い正義感に胸を打たれました。

前作を観てれば今作はより楽しめますし、前作と今作を観ると「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」はもっと楽しめます。次作では今作よりもキャップの優しさを見ることができると思います。

この作品を観た人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com