ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

スピンオフドラマ「デスノート NEW GENERATION」の感想,あらすじ まとめ

デスノート NEW GENERATION

2016年公開の日本映画「デスノート Light up the New world」の前日譚を描いたスピンオフドラマ。hulu にて配信。

「三島篇・新生」,「竜崎篇・遺志」,「紫苑篇・狂信」の3つのエピソードに分かれており,「デスノート Light up the New world」に続く話になっている。

 

劇場版の感想,あらすじ

www.sasakimovie.com

 

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

劇場版に登場する3人の男がデスノートを求め始めるまでの話。

 

あらすじ(最後までのネタバレあり)

「三島篇・新生」

主人公は三島 創。

しかし,それは本当の名前ではない。彼はキラ事件の主犯であった夜神 月の父親,夜神 総一郎にリクルートされ警察のキラ対策室に入ることになった。

偽名を使っているのもデスノート対策だったが,彼はキラ対策室に配属されるまでデスノートのことは知らなかった。

 

10年前のキラ事件。

夜神 月は法が裁けない凶悪犯を次々と処刑し,犯罪のない新世界を作ろうとした。

 

彼が使用したのが「デスノート」名前を書くだけで人を殺せる死神のアイテム。

彼は粛清を始めた。警察局長である夜神 総一郎を父に持つ彼には,未解決事件の容疑者リストの入手は簡単なことであった。

三島は夜神 月に興味を持った。

 

そして1年前,それは再び始まった。

 

スクラップ工場で働く五頭慎弥が心不全で倒れた事件が起こった。心不全で亡くなっていたため,キラ対策室に報告された。

 

三島はその時,夜神月の好きだったポテトチップスの味や死神リュークの好物まで調査するデスノートオタクになっていた。 

キラが生きてたら殺害するであろう凶悪犯を全て把握している三島は、五頭慎弥の名前を覚えていた。五頭は13年前のいじめ殺人の加害者だった。

 

夜神月は死んだ。可能性があるとしたら、模倣犯。また、デスノートによる殺人が始まったのかもしれない。と考え,対策室は捜査に当たった。

 

その工場で働く人は、皆前日に弁当のトッピングを注文しており、一人一人が少し違うものを食べていた。

スクラップ工場に来た三島は、近くにある毒性のある花が咲いているのを見つけた。

彼は見つけた花を鑑識に渡して、五頭の遺体の再解剖を要請した。

 

三島はその後、捜査一課を呼び出して、五頭の事件の説明をした。

 

現場付近で採取したフクロベニという花は、毒性を持っている。即効性はないが体内に入って時間をかけて心臓麻痺を引き起こし,再解剖では、毒物を検出できた。

 

三島が犯人だと疑ったのは弁当業者の夏河六郎。彼はいじめ殺人を起こした学校の同級生だった。

彼を疑った理由は二つあった。

弁当業者の立場上,五頭の弁当に毒物を混入させることも可能だという理由と,夏河がキラ信者の掲示板で五頭の処刑を望む発言をしていたという理由だった。

 

夏河を確保したキラ対策室は、取り調べを始めた。

彼は五頭にキラを模倣して裁きを与えたと言った。

 

三島はその推理力から捜査一課に来ないかと誘われたが、このチームは夜神 総一郎さんの意思そのものですからと言って断った。

 

その直後、キラ対策室は夏河の様子がおかしいという報告を受けた。

夏河は急に「私はキラ。デスノートは復活した。」と何度も繰り返し言い始めた後、

「お前たちはキラには勝てない。」

と言って、舌を噛んで心臓麻痺で死んでしまった。

 

あの日から全てが変わった。凶悪犯罪者が次々に変死し始めたのだ。

世界は再び恐怖し、キラ信者は神の復活に熱狂した。  

 

そしてあれから数ヶ月後、この国がようやく動き出した。

キラ対策室はデスノート対策本部として生まれ変わることになった

そして今回の連続変死事件を便宜上、新生キラ事件と呼ぶことになった。

 

これからは,デスノートについては誰よりも詳しい三島がこれからの捜査を指揮することになり、新生キラを追っていくことになる。

彼は、9年前の事件の関係者の調査、キラ信者の情報収集や弥 海砂のマークを行う必要があると考えた。

 

しかし,これはただの始まりに過ぎなかった。三島がそれを思い知るのは、もう少し、後のことだった。

 

竜崎篇・遺志

2016年香港。

ICPOの捜査員が「L」と書かれたモニターを見ながら、ある相手と密室殺人事件についての話をしていた。

インターポールの捜査官が苦戦していた事件の謎をその通信相手は話を聞いただけで、簡単に解明した。

 

その通信相手は竜崎。Lの正当後継者と言われる男だ。

 

彼はニアと呼ばれる仲間と電話で話していた。

日本のデスノート対策本部が ICPOを通して新生キラ事件の捜査協力を竜崎に要請しているという話だ。

しかし,彼は興味がない様子。すでにデスノートと死神の存在はLによって明らかにされており,いちごの乗ってないショートケーキに興味はない,と言って断った。

 

その後,キラ事件について調べている仲間の女性 J から電話がかかって来た。

彼女は、ハッカビーズというアイドルグループのファンでその歌を踊っている金友果林という女性の動画を見せて来た。彼女は踊っている途中で突然、メタルドールズという別のグループの歌を歌い出した。そして,

「しるももらってきたわよ。」

という謎の言葉を言って、画面から姿を消した。

竜崎は、その謎の言葉をキラへのメッセージだと推理した。

 

何者かが妨害して、サイバー上での割り出しができなくなっている状況の中、竜崎は現在も配信中の部屋の様子から、その場所を推理した。

最初に推理した竜崎が、面倒くさがりながらもその動画についての捜査を担当することになった。

 

日本についた竜崎。彼は J から、死神の目を持つノート所有者から身を守るために、Lが死ぬ前に使っていたひょっとこのお面を渡された。

 

竜崎はひょっとこのお面を付けて動画に映っていた部屋に向かった。

その部屋は鍵がかかっていたため、彼はそれを開けて中に入った。そして中には金友果林の死体があり,動画の服装と同じことから、その直後に死んだと推理した。

 

彼は動画の配信を止めて、パソコンの画面を見た。金友果林は直前までメタルドールズファンとネット上のコメントで口論をしていた。

 

デスノートなら死の直前の行動を操れるため,竜崎はこう推理した。

 

デスノート所有者はおそらくこう書いた。

金友果林は、ハッカビーズの歌を歌っている途中でメタルドールズの歌を歌い出す。そして

「しるももらってきたわよ。」

と言って、部屋の全てに鍵をかけ、部屋にある刃物を胸に突き刺して死ぬ。

 

所有者は完璧な密室殺人を演出し,ついでにキラにメッセージを残したのだ。

 

竜崎は、金友果林に前科がないことから、新生キラ以外のデスノート所有者の可能性を考える。

金友は、わざわざメタルドールズのイベントに行き、メンバーに暴言を吐いた。それを恨んだメタルドールズファンによる反抗だと竜崎は推理した。

 

リスクが高すぎるため普通はそんな動機では人は殺さないが,もし仮にデスノートがあれば、なんのリスクもなく手軽に気にくわない人間を殺すことができる。

 

竜崎はとんでもない馬鹿が所有者で,イベントは女性限定だったことから犯人は女だと考えた。

彼は金友と口論していたメタルドールズファンにメッセージを送った。

 

「所有者だな」

 

相手はそれを見抜いた竜崎を頭いいと褒めた。

「新生キラとは別人だな」

と送ると

別人だというコメントが帰ってきた。

 

逆探知に気づかれ、やり取りは終了した。

 

竜崎がパソコンに背を向けているうちに、何者かによって動画の配信が復活した。そして竜崎の背中が写っている状態になってしまっていた。

彼は、ひょっとこのお面を付けてパソコンのカメラに振り向き、電源を消した。

 

パソコンを遠隔操作した人物は、その様子を見て、

「きも。」

と言った。

 

Jの捜査を邪魔していた人物がハッキングしてきて,その人物も所有者を探しているようだった。

 

竜崎は、日本のデスノート対策本部に捜査協力することを決める。

 

現在,少なくとも2冊以上のデスノートが存在しており,所有者も二人いる。

彼が考える問題は、新生キラのような思想のある知能犯よりも、馬鹿が暴走して,そのデスノートをより力のある者が奪うことだった。実際に,各国諜報機関がデスノートを奪おうと躍起になっているようだ。

 

竜崎は、力のある者に渡る前に全てのデスノートを確保することを決める。

複数のデスノート,複数の所有者。そこに10年前とは違う死神の意図を感じていたのだ。 

 

竜崎は J に事件から手を引かせた。Lはワタリまで犠牲にしたことを後悔していたため,命をかけるのは一人で十分だと考えていたからだ。

「俺は L を越える。」

と彼は言った。

 

彼らが L の意思を継いだように,この日本にはキラの意思を継いだものがいる。竜崎は,最後はその人物との勝負になる,と考えていた。

「L、あんたとの約束を果たす時が来た。」

と思って彼は,バイクに乗って走り去っていった。

 

紫苑篇・狂信

地獄を見たことはあるか?

紫苑 優輝は滑川という男に家族を殺され,奇跡的に彼だけが生き残った。

 

だが彼にとってそこからが悪夢だった。滑川は事件当時,心神喪失状態と判断されて刑法39条に基づき、野に放たれた。

いつかまた奴が殺しにくる。彼はまるで恐怖というカゴに囚われた虫のようだった。眠るたびに夢の中で殺される毎日。そんな人間がおかしくなるのは当然だった。

 

彼が滑川を忘れられるのは、立体に紙を組み立てて,遊んでいる時だけだった。

体力の限界まで遊んで,疲れ果てて寝ては、夢の中で殺される。そうやって人生は終わる。彼はあの日まではそう思っていた。

 

ある日,滑川が死んだ。

キラの裁きによって、紫苑は恐怖から解放された。彼を救ったのは国家でも警察でも法律でもない。キラだった。

 

キラこそが神。キラこそが正義。あの熱狂の中に彼もいた。彼はキラによる平和な世界が来ると信じていた。

しかし、キラは消えた。キラが何者だったのか。いくら調べても分からなかった。分かっているのは、キラは自らの手を使わずに裁きを行なっていたということ。彼はそれをヒントにサイバーテロリストになった。

この世界を少しでもまともにするために。キラに少しでも近づくために。

 

そしてその時は来た。彼の元にデスノートが落ちて来たのだ。

普通の人間にとっては非現実的なアイテム。だが、彼のような狂信者にとっては、これこそがリアルだった。

 

彼にとって殺すべき人間は山ほどいた。

例えば、生木一寿と椚田太一の二人。12年前のちょうど今日。一家強盗殺人を犯し、野放しになったままだった。

 

生木一寿はその後も犯した罪を反省していない男だった。

 

椚田太一は,生木に誘われるがまま、強盗して殺人を犯してしまったことを後悔しており、今でもその時のことを夢に見て、自分を責めていた。

椚田は雨澤に名前を変え、女と暮らしていた。彼は、今トイレ掃除をして真面目に働いている。

 

ある日,椚田と一緒に暮らしている恋人に子供ができた。彼はそれを聞いて、自分が幸せになっていいのかと悩んだが,恋人は

「私と子供の幸せのためってことならいいんじゃないかな。私の知っている太一は椚田太一じゃない,雨澤太一だから。太一は生まれ変わったんだと思う。」

と言った。

 

後日、椚田が働いている場所に、生木がやって来た。彼はまた悪いことをやろうと椚田を誘うが、椚田は彼女や子供との生活があるため、断った。

 

それを聞いた生木は、その恋人や子供を人質に取るような発言をして、椚田を脅した。

「忘れんなよ。俺たちは永遠に共犯者だ。」

 

紫苑は、デスノートに生木一寿の名前を書いた。

 

そして、生木が椚田と別れた直後、彼は心臓麻痺で死んだ。

 

その日の夜、椚田は強盗殺人の時の夢を見なかった。彼はその日の朝、恋人にプロポーズして彼女はそれを受け入れた。

 

その後仕事に行って、嬉しそうに掃除をしている椚田の前に、警備員の変装をした紫苑が現れる。彼は椚田にこう言った。

「名前を変えても罪は消えない。

人殺しが幸せになっていいわけ?

お前はその手で7歳の少女を殺した。」

 

生木に言われてやっただけで、毎晩あの子の夢を見て、反省もしていたと言う彼に、紫苑は

「昨日の夜も見たか?」

と聞いた。

 

紫苑にとって椚田は二つの罪を犯した人間だった。一つは殺人,もう一つは自分の罪を忘れたこと。

 

紫苑はデスノートに椚田太一の名前を書いた。

デスノートのルール,このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

しかし、彼は死ななかった。なので紫苑は、雨澤太一の名前をノートに書いた。すると、雨澤は心臓麻痺で死んだ。

 

リュークが言っていた。デスノートには本当の名前を書かなければ効力はない,と。

戸籍がどうなのかは知らない。

奴にとっては偽名こそが生まれ変わった本当の名前だった。

これが彼の始まりだった。それからは,次々と犯罪者の名前をノートに書いていった。

 

ある日,紫苑は警察の緊急無線を傍受した。渋谷区で複数人が倒れているという連絡で,デスノート対策本部に応援要請されていた。

 

彼は、ネットの掲示板からそのことについて予告した書き込みを見つけて、それを書き込んだ人物の名前を突き止める。

その犯人は青井さくら。

 

彼はキラの使者。世界中に散らばったデスノートを全て集め、キラを復活させことを目的としていた。

 

「取りに行くぞ、リューク。

彼は,かつて夜神 月についていた死神のリュークに言った。

 

映画ノベライズ DEATH NOTE Light up the NEW world

http://amzn.to/2dT0ckk

 

感想(ネタバレあり)

劇場版につながるスピンオフドラマとしては,割と面白かったです。3人が別々の角度からノートに近づいていて,ワクワクしました。劇場版よりもこっちの方が面白いかもと思いました。

私は「竜崎篇・遺志」が一番好きです。竜崎のキャラクターが好きというのもあるのですけれど,劇場版の竜崎よりも推理してて,彼の凄さが少しわかりました。

「紫苑篇・狂信」もデスノートの名前のルールに触れていたり,更正した犯罪者をどうするのかに触れていて良かったのですけれど,紫苑があんまり活躍しないのでワクワクしませんでした。

「三島篇・新生」は,デスノートがほとんど関係ないので,あんまりでした。

まとめ

スピンオフドラマとして,劇場版が気になる感じで良かったと思います。別に見なくても劇場版の話が分からなくなることは無いと思いますけど,劇場版では竜崎が突然出てきて良く分からなかったりするので,「竜崎篇・遺志」は見たほうがいいかもしれません。竜崎のキャラクターがもっと分かる話でした。

3本別々に見ても良いですけど,地味に繋がっているところがあるので,時間があれば3本とも見たほうが良いです。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

 

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com