ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「ジャージー・ボーイズ」の感想,あらすじ

ジャージー・ボーイズ

2014年のアメリカ映画。クリント・イーストウッド監督。

1960年代に世界中でヒットしたバンド「フォー・シーズンズ」の経歴を描いたミュージカルを,クリント・イーストウッドが映画化した作品。

(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

あらすじ

1951年のニュージャージー州。

後の「フォー・シーズンズ」のリード・ヴォーカルになるフランキー・ヴァリは,歌いながら美容師見習いとして店の掃除をしていた。

その時のお客さんがフランキーに髭をそらせてみたらどうだと言い,自分の髭をそらせる。

そのお客さんの名前は,ジップ・デカルロ。もしニュージャージーで何かしたいことや納めたいことがあったら,みんな彼に頼むほどの権力者だ。簡単に言うとマフィアのボスだ。

ジップはフランキーの声を気に入っており,それは神からの贈り物でいつか世界がそれを聞くことになると言っていた。

 

フランキーには同じマフィアに入っているトミー・デヴィートという友達がいた。トミーは何度も刑務所に入っており素行は良くなかったが,フランキーの知らないことを教えたり,危険なことからかばったりしていたので,フランキーは彼のことを良い友達だと思っていた。

トミーはニックという友達と自分のお兄さんと一緒に3人でバンドをやっていたが,ある日フランキーを舞台で歌わせたときの客の反応が良かったことから,フランキーをバンドに入れることを思いついた。

 

フランキーがトミーのバンドに入って歌っていると,気になる女性を見つけた。フランキーはトミーに手伝ってもらって,その女性と話した。彼女の名はメアリー・デルガド。彼女とフランキーはその後結婚した。

 

トミーとバンドを組んでいたニック・マッシが刑務所から出所したので,フランキーとトミーを加えた3人でバンド「スリー・ラバーズ」の活動を始めることになったが,彼らのこれからの予定はゼロだった。

そんな時トミーは,歌も演奏も作曲もするボブ・ゴーディオという男の話を聞き,その男と契約することを考えた。

 

ボブは,最初はスリー・ラバーズに曲を書くことに乗り気ではなかったが,フランキーの歌声を聴いて,この声に曲を書こうと決めた。

ボブは彼らに自己紹介をして,曲を披露することになった。それを聞くとフランキーたちは楽譜を見ながら一緒に演奏を始めた。

演奏がうまくいったので彼らはボブをバンドのメンバーに加えることにした。

 

 

その後フランキーとボブはトミーがパーティを開く予定を断って,レコード会社にテープを送り,ニューヨークに行った。

「デモテープを送ったフォー・ラバーズです。」

と売り込みに行ったが,ほとんどの人に相手にされなかった。

その時に出会ったのが,フランキーの昔の知り合いのプロデューサー,ボブ・クルー。

彼はフォー・ラバーズのレコードを出すことを約束して,彼らは道が開けたような気分になった。

 

しかし,それから1年間彼らがやったのは安いギャラのバックコーラスだった。彼らがクルーに文句を言うと,フォー・ラバーズにはヒットする曲がない。レコードを出してほしいならお金を出してほしいと言われる。

それからボブが二日でクルーが納得する4つの曲を作り,トミーがお金を借りることで,レコードを出すことが決まった。

 

その時期にフランキーが駐車場で「フォー・シーズンズ」と書かれた看板を見たことで,彼らはバンド名を「フォー・シーズンズ」に変えた。

 

ある日,ボブが書いた曲をみんなで歌って電話でクルーに聞かせると,ラジオで流れることになった。それをきっかけに「フォー・シーズンズ」はテレビに出るほどの人気者になった。

 

それからしばらくの彼らの活動は順調だった。新曲の評判は良く,コンサートツアーは大成功だった。彼らは急に売れたため調子に乗って派手なパーティを開いたり,愛人を作ったりしていた。

 

人気絶頂の彼らだったが,ある時テレビに出た時に問題が起こった。トミーが借金まみれでその総額は15万ドルもあると言うことが分かったのだ。

しかし問題はそれだけではなく,トミーはこれまでにメンバーが不満を抱えるようなことを何度もしていた。

 

自分の力だけでは解決できないと思ったフランキーは,ニュージャージーのジップにトミーの借金について相談した。

その後ジップの家でフォー・シーズンズの4人が集まって話し合いをした。しかし仲直りはできず,今までのトミーの自分勝手な行動から,喧嘩になってしまった。

結局フランキーは100万ドル近くの借金をトミーの代わりに背負うことになり,トミーはバンドから抜けることになった。さらに,自分が必要とされていないと感じたニックもバンドをやめてしまう。

その後はボブも制作に回ることを考えていたため,フランキーはソロで活動することになる。

 

フランキーは借金を返すために,4人でやっていたころと比べると安いギャラで年200日ツアーに出た。

そして努力をして借金を返し終わったフランキーに,予想外の事件が起こる。それが彼のソロの名曲が誕生するきっかけとなった。

 

amazonビデオ

 

DVD

http://amzn.to/2cIg5tm

感想(ネタバレあり)

フォー・シーズンズの経歴を見ることで,バンドが成功するには,実力や才能だけではなく,運も必要なんだなと思いました。

フランキーは結局成功しましたけど,トミーやニックがいなければバンドに入ることは無かったし,トミーがボブのことを聞かなければフォー・シーズンズは誕生してませんでした。さらにクルーに会わなかったら,売れてなかったかもしれません。

そんな強運の積み重ねでスターは誕生しているんだなと思いました。

逆に才能があっても,運が無くて売れない人もいるのかと思うと,複雑です。

 

歌を歌うシーンはやっぱりうまくて,いい曲ばかりなので,フランキーたちと一緒にノリノリになって体が動いてしまいました。

 

フォー・シーズンズが結成された時には,あんなに楽しそうに歌っていた彼らが,喧嘩して離れていく様子を見ていた時は寂しかったです。

だから最後の表彰式のシーンで,昔のように仲良く歌っている4人を見ているのは,本当にうれしかったです。

 

確かにトミーがいなかったら,バンドに入ることも,歌手になることもなかったので,フランキーが彼に感謝する気持ちは分かります。けれど,やっぱり問題が起き始めの時に,縁を切るなりの対処をするべきだったと私は思いました。

こんなことを考えるのは,私がニュージャージー出身じゃないからかもしれませんけど。

 

それから,最後のシーンでフランキーが言った

「今までで一番良かったときは,レコードが売れた時でも殿堂入りした時でもなく,街灯の下に4人集まってまだ何も起きていないころ,はじめて自分たちのサウンドが出来上がった時。あの時が最高だった。」

というセリフが心に残っています。

同じような言葉に,祭りは準備の時が1番楽しいと言う言葉がありますね。

お金とか将来とかを何も考えずに楽しめる時がやっぱり1番いいのかなと思いました。

 

フランキーは皆でいい歌を歌えれば幸せだったのに,いい歌を歌えば歌うほどに,いろいろな問題が積み重なって,それができなくなっていくと言う状況を考えると何だか切ないです。

フォー・シーズンズにとって売れたのは良かったですけど,売れなければフランキーとトミーはあんな喧嘩をすることもなかったと考えると,成功するのはいいことばかりではないんだなと思いました。

 

まとめ

フォー・シーズンズの経歴を見ることで,スターになることの難しさを感じました。歌のシーンは実際のフォー・シーズンズの曲なのでいい曲が多くて印象的でした。

テレビなどで人気者でも,楽に生きていけるわけではなかったことから,どんな仕事でも楽じゃないんだなと思いました。

この記事を読んだ人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com