ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「名探偵コナン から紅の恋歌」の感想,あらすじ

名探偵コナン から紅の恋歌

2017年公開のアニメ映画。劇場版名探偵コナンシリーズの21作品目。

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

百人一首の選手たちの団体「皐月会」のメンバーを狙ったいくつかの事件を,コナンと服部が大阪と京都を移動しながら解決していく話。

あらすじ

江戸川 コナン一行は毛利 小五郎の仕事の付き添いで,大阪の名探偵 服部平次とその幼馴染 遠山和葉と共に日売テレビに来ていた。

小五郎の仕事というのは,百人一首の名門団体「皐月会」の会長と対談するというもので,彼らは百人一首の高校生チャンピオンの大岡 紅葉と,和葉の学校のかるた部の部員枚本 未来子の試合のリハーサルの様子を見学していた。

リハーサルが終わると彼らは控室に戻ろうとしたが,その途中の廊下で平次が紅葉と曲がり角でぶつかってしまう。紅葉を心配する平次だったが,彼女は彼を見て『やっと会えた,未来の旦那さん。』と目に涙を浮かべて意味深な言葉をつぶやいた後,スタッフに呼ばれてその場を去った。和葉はそれを聞いて驚き,どういうことか平次に詰め寄ったが,彼は見に覚えがないと言った。

それと同時に,大阪府警では日売テレビに送られた爆破予告について話されていた。それには一枚の百人一首の札が添えられていて,いたずらではないかとも思われたが大事を取って日売テレビにいる人を避難させることにした。

 

 

コナンたちは日売テレビのスタッフに従って避難していたが,未来子が大会の決勝戦用で由緒ある百人一首の札を取りに戻ったため,それを心配して待っていた平次と和葉も避難が遅れてしまった。彼らが避難を終える前に日売テレビは爆破されてしまい,平次と和葉は屋上に追い詰められたが,コナンがスケートボードで助けに来たため全員無事に逃げることができた。

決勝戦用の札も無事だったが,その代償に未来子は腕の骨が折れて大会に出られなくなってしまった。部の存続のため,未来子が彼女の練習を手伝っていた和葉に代わりに出てもらうよう頼んでいたところ,通りかかった紅葉が和葉に声をかけた。

自分を平次の婚約者だと言う紅葉は,平次のことを思っていることがバレバレの和葉に,試合で勝った方が平次のお嫁さん第一候補になって,彼に告白することができるという条件で勝負を挑んだ。平次のことが好きな和葉は,黙って引き下がるわけにもいかないためにその勝負を受け,明後日の大会までに猛特訓をすることになった。

 

そして日売テレビの爆破から逃げ切ったコナンと服部は,その事件と同時に京都で「皐月会」の関係者が殺されたという事を知り,現場に駆け付けた。その遺体の周りには血の付いた百人一首の札が散らばっており,被害者が死ぬ直前に見ていたモニターには,紅葉の過去の試合が映っていた。

 

コナンと平次はこの一連の事件は「皐月会」を狙ったものだと推測し,彼らはそのメンバーである会長の阿知波 研介と大岡 紅葉たちを護衛することになった。

そして,犯人からの百人一首の札を添付した爆破予告はついに紅葉に届いた。平次はすぐに大阪に来て府警に保護されるように言ったが,紅葉は京都である百人一首の大会に出なければいけないためその提案を拒否した。

 

コナンと服部が捜査を進めている間に,和葉は平次の母親の力も借りて百人一首の特訓に励み,ついに大会の決勝戦で紅葉と対決することになった。

コナンたちは推理の結果,その一連の事件の悲しい真相に気付くと同時に,大事な人の危機に直面するのだった。

 

劇場版 名探偵コナン「から紅の恋歌」オリジナル・サウンドトラック

感想(ネタバレあり)

ストーリーについて

劇場版コナンのすごいアクションもありつつ,推理もしてて真相は分かりやすいものだったんですけど,今回の宣伝でメインテーマとして扱われていた,平次と和葉の恋愛については,もう少し攻めても良かったんじゃないかと思いました。どれも悪くはないし割と楽しめましたけど,アクションと推理と恋愛模様は,どれか一つ突き抜けてくれれば他はあまりいらないなと思いました。

最終的に,この映画のメイン要素の平次と和葉の恋愛描写が中途半端という印象を受けました。和葉が紅葉との勝負に負けたから告白しない上に,記憶違いで紅葉は何も言いませんでしたから。新一と蘭だけが最後に百人一首を使って,素直な思いを伝えていちゃいちゃするといういつもの展開でした。

告白シーンは漫画のためにとってあるからできなくても仕方ないですけれど,せっかくの劇場版なので一歩手前ぐらいまで言ってほしかったというのが本音です。

 

でも,原作を読んでたりアニメを見ている人ならより楽しめるのではないかなと思いました。途中で原作の絵が入るシーンがあったんですけど,読んでいる人なら漫画のそのシーンを思い出して,二人のそれまでの関係性を自然に振り返れて,より和葉に感情移入できたんじゃないかと思います。

原作の平次はドキッとすることをたまに和葉に言うんですけど,彼らはいつも一緒にいるから恥ずかしがって誤魔化して,結局進展しないんですよね。いちいち言わなくても,割と相手に気持ちが伝わっていると思うから,あんまりお互いを思っているということも言わないですし。

だからこそ,この映画での最後のシーンの平次はかっこよくなったのだとは思います。

「しっかり掴まっとけよ!!和葉,その手ェ離したら…殺すで…」

って言うところです。

今まで一緒にいたからこそ,心配に思うけど恥ずかしがって乱暴な言葉を使われたり,言いたいけど言えなかったことがある,というのをあの極限の場面で言われたら,ドキッとするのも分かります。乱暴に言われても和葉は怒らないことを分かってるからこそ平次はそんな言い方をするんですよね。その信頼関係も良かったです。恋愛関係としては全然進展しないもどかしさもまた,二人の関係の魅力の一つだと思います。

 

それでも私は,新一と蘭の方がどちらかというと好きなんです。平次たちと違って新一と蘭はたまにしか会えないから,会えた時には新一が思い切ったことを言ったり告白したりして,会うたびに少しずつ進展してるイメージがあるんです。新一はたいてい次の日にはコナンに戻りますから恥ずかしがることもないし,次に会う時までにはいろんな心の準備が二人ともできているんですよ。そんな彼らのテンポの良さが私は好きです。

 

平次と和葉の恋愛模様以外では,平次とコナンのコンビの良さも私は楽しめました。序盤のテレビ局爆破のシーンで平次と和葉が屋上に追い詰められたとき,あんな状況なのにコナンが来てくれると信じてた平次は良かったです。その後,屋上からスケボーで飛び降りるコナンを平次が受け止めて,二人はやっぱり仲いいなと思いながら,ほっこりしました。

まとめ

予告映像を見て期待するほどの平次と和葉の恋愛模様をイメージしていると,少しがっかりするかもしれません。でも原作を知っている人ならその進展しないことにも,きっとドキドキできますよ。正直言うと,劇場版なのでもっと思い切って言ってほしかった気持ちもありますけど,恥ずかしがってちゃんと言わないもどかしい感じも二人の良さかなとも思いました。推理も難しすぎず簡単過ぎずで良かったと思いますし,コナンと平次のコンビは相変わらず息ぴったりで安心しました。

この記事を読んだ人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com