ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「キサラギ」の感想,あらすじ

キサラギ

2007年の日本映画。主演 小栗旬。脚本 古沢良太。

(C) 2007「キサラギ」フィルムパートナーズ

1年前に自殺したアイドル如月ミキの一周忌追悼会に集まった5人のファンの男が,彼女の死の真相を解き明かす話。

あらすじ

2007年2月4日

屋上にある倉庫のような部屋に大荷物を持って入る青年がいた。彼は,パーティーの準備をするかのようにテーブルに紙コップや紙皿を数人分準備していた。

彼は少し前に「家元」という名前で「ミキちゃんを応援する掲示板」というホームページに次のメッセージを投稿していた。

 

タイトル 2月4日の件

安男さん,オダ・ユージさん,スネークさん,いちご娘さん。

是非参加してください!

ささやかですがミキちゃんを愛する者同士盛り上がりましょう。(^▽^@)ノ

2月4日 お待ちしております m(_ _)m by 家元

 

彼はアイドル「如月ミキ」のファンであり,彼が準備をしていたのは

「~永遠の清純派グラビアアイドル~ 如月ミキ一周忌追悼会」

だったのである。

 

 

家元が準備をしていた部屋に,太った男が入ってきた。安男のハンドルネームで掲示板に参加していた人だ。

彼は家元が掲示板で自慢していた「如月ミキ パーフェクトコレクション」を見ることを楽しみにしてきたらしい。

彼はコンビニに作ってきたアップルパイを忘れてきたので,取りに行った。

 

次に一人になった家元の元にやってきたのは,スネークさんだった。

家元とスネークが,オダ・ユージが本人なんじゃいかという話をしていると,その二人のところへ中年男性がやってきた。織田裕二ではなかったが,掲示板にオダ・ユージの名前で書き込みをしていた人だった。

オダが,追悼会という場にふさわしくない格好をしていた家元を真剣に注意すると,家元は着替えるために部屋から出て行った。

 

残されたスネークとオダの元に怪しいおじさんが現れて,勝手に中に入って来た。二人は初めは不審に思ったが,大家さんらしかったので,大して気にしなかった。

 

そこへ,アップルパイを取りに行った安男が帰ってきた。安男が喪服でないことをオダは気にしていたが,彼は福島出身で着替えに変えるわけにはいかないため,見逃した。

 

まだいちご娘が来ていないことを気にする一同。いちご娘は来られるかわからないようである。そんな時,大家さんだと思っていたおじさんがカーテンから顔を出していたことに驚く彼らだったが,大家さんを知っている家元は彼は大家じゃないと言う。

そのおじさんは掲示板にいちご娘で参加していた人だったのだ。

 

何でお前がいちご娘なんだと文句を言うスネークに家元とオダが,インターネットの世界ではよくあることだと落ち着かせる。

お詫びにいちご娘は,カチューシャを付けて笑顔を見せるが気持ち悪がられる。

 

全員そろったので,一周忌追悼会を始め,まずは自己紹介をした。

普段はしがない公務員だが,如月ミキに関することならだれよりも詳しいと自負している家元。

福島で農家をやっている安男。彼は服装のことをまだ気にしているらしい。

スネークは如月ミキを愛する気持ちはだれにも負けないと思っており,雑貨屋で働いている。

オダ・ユージは名前を軽い気持ちで付けたことを気にしていた。この会を最初に提案したのは彼である。

いちご娘は無職だった。

 

さっそく,家元の如月ミキ パーフェクトコレクションをみんなで見ることにするが,服装を気にしていた安男は,喪服を買いに行ってしまった。

安男さん以外の3人は家元のコレクションを見て,驚いた。メジャーデビュー前の写真や学校新聞のインタビュー記事などを見て,家元と名乗るだけあると言われて嬉しそうにする家元。

 

そして家元は彼ら3人に,とっておきの如月ミキ直筆の手紙を見せる。3年間毎週送って計200通は書いた,ファンレターの返事らしい。漢字が異常に少なく,代わりに誤字脱字が異常に多いことから,本人のものだという説に3人とも納得する。

手紙にはこう書いてあった。

 

家元さんのお手紙にいつも励まされています。

お仕事で辛いことがあっても,家元さんのお手紙を見ると,お仕事ガンバロー!と思えるんです。ミキの命より大事な宝物です。

 

書いてある内容はお世辞だと言われるが,本人が書いたことが大事だと言う家元。

生写真と交換でコピーを貰うことを頼むスネーク。

いちご娘は,自分がつけているものをミキちゃんのカチューシャだと言って交換してもらおうとするが,嘘だと言われて断られる。

 

いちご娘はコレクションの写真に写っていた如月ミキのマネージャーが許せないと言った。彼は厳しいマネージャーでファンからは嫌われていたのだ。オダは本人も仕事ですからと彼を擁護した。

 

オダは他の3人に出るという噂が流れていた如月ミキのヘアヌード写真集が見てみたかったかと尋ねたが,3人とも彼女は清純派なので見たくないと言った。

家元が言うには,ミキちゃんの最大の魅力はあのパッチリ二重の目で,脱ぐ必要なんてないそうだ。

 

いつも笑っているところが良かったと言う話をしていると,いちご娘は泣き始めてしまった。

 

そこへオダが

「去年の今日,如月ミキはなぜ自殺をしたと思います?」

と3人に聞いた。

オダはいつも笑顔なミキが自殺をしたことや,不自然な死に方に疑問を持っていた。

いちご娘は

「やめてくれ!自殺の真相を突き止めたところで彼女が生き返るわけじゃない。それを話すことに何の意味もない。」

と言う。

オダは言った。

「自殺じゃないとしたら。それでも意味ないですか?

私はこの1年間,事件についていろいろと調べてきました。

そして得た結論,如月ミキは自殺なんかしていない。殺されたんです。」

 

2007年2月4日,如月ミキが亡くなって1年後の日。

彼女を偲んで彼ら5人が集まったことにより,1年前の彼女の死の真相が少しずつ明らかになって行く。

 

DVD amazonリンク

感想(ネタバレあり)

ストーリーについて

最後まで少しずつ出していた,自殺とは関係ないような話の内容で,どんどん死の真相に近づいていく様子が凄いと面白かったです。特に,序盤に出したファンレターの伏線が1番最後の1番いいところに活かされたのがとっても良かったです。

 

伏線が多すぎて,もはや伏線じゃない話がほとんど無いくらいでした。でも,伏線の使い方は割と簡単なので理解しやすかったです。

むしろ家元たちが出そうとしてる結論を,私の方が先に気付いた場面もあって,うれしくなりました。

推理物は,探偵役の推理を聞いて初めて,伏線の意味を理解するものが多いと思いますけれど,こういう自分で考えて先に分かる,というのも見ていて楽しいです。

 

自分が1番如月ミキに関係ないと,しょんぼりしていた家元が報われる結末で良かったです。

知り合いとか,直接会って話した経験が全くないのに,他の人に負けない気持ちを持っていた家元さんが,アイドル如月ミキの一番のファンだと私は思います。

ミキの手紙の「命より大事な宝物」という言葉がお世辞じゃなく,本当に火事になった時に取りに戻ったのかも,ということを聞いた時,私は嬉しくて泣いてしまいました。

 

でも,如月ミキのためを思ってみんながやった行動と,家元の気持ちを思って如月ミキが行動した結果が引き起こした,悲しい事故でしたね。

 

それから,中盤でオダ・ユージさんが

「ミキをスターにしてやりたかった。あんたらだってミキをスターにしたかったんだろ。このまま消えてよかったって言うのかよ。」

といった答えに家元さんたちが

「良かったですよ。売れずに引退して,田舎の主婦になって,そういうミキちゃんを遠くで静かに応援してたかったです。いつまでも。」

と返した時にグッと来ました。

家元たちが人気者に集まる軽いファンじゃなくて,本当に彼女の幸せを思って大事に考えていると言うのが伝わってくるセリフでした。

私も長い間ファンの芸能人がいますけれど,その人が結婚してメディアに出なくなっても幸せに過ごせていればそれでいいと,彼らと同じように思います。

 

最後のエンディングの映像もよかったです。如月ミキの曲「ラブストーリーはそのままで」の映像を見ながら本当に楽しそうにみんなで踊っている様子が面白かったです。

2回目以降の視聴について

私はこの映画何度も観ているんですけど,本当に何度観ても楽しめます。

 

1回目は彼らの素性が知れないので,セリフをそのまま受け取って後で正体を明かされたときにびっくりすることになるんですけど,2回目は正体を知っているのでまた違った楽しみができるんです。

正体を明かす前に,彼らのあの日の行動に関係する話や,彼らの素性に関わる話が出ているんですよね,家元さん以外は。そんな時に,その話をされた人は少しいつもと違う反応をしたり,ちょっと挙動不審になったりしているんですよ。

1回目は話している人のことしか見ていませんから気付きませんけど,2回以上見ることで,そういう細かいキャラクターの心情について考えることができて,面白いです。

 

特にいいと思ったのは,香川照之さんが演じるいちご娘です。1回目に見た時は。おじさんなのにいちご娘でカチューシャつけてて面白い人だなと思っていました。そして,如月ミキの昔の話をすると泣いていたので,本当に大ファンだったんだなと思った程度でした。そして,父親だと知った時にすごくびっくりしました。

 

しかし,2回目に見ると彼が抱える悲しみが見えてきて切なくなりました。

 

1回目にただの面白い人だと思っていた人は,亡くなってしまった娘のことが好きだったファンの人と,楽しくその娘の話をしに来たお父さんだったんです。

なのにその娘が自殺した時の思い出したくもないことを話し合われるんですから,嫌だと言うのも,聞きたくなくて耳をふさぐのも当然ですよね。いつも笑顔だったという話を聞いて泣いていたのも,ファンとしてだけではなく父親としてでもあったんだと思うと,すごく悲しいです。

まとめ

伏線の回収が本当に爽快感があって凄い映画です。2回以上観ても楽しめるぐらい細かいところまでつくられた映画なので,1回観た人でも機会があればまた観てほしいです。

私は映画に順位や点数を付けるのはできない性格なんですけど,この映画は「1番好きかもしれない」うちの何本かに入るぐらい好きです。

この記事を読んだ人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

 

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

 

www.sasakimovie.com