ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

プライム会員なら無料 プライムビデオの映画 おすすめ

プライムビデオのおすすめ映画

プライムビデオとは年会費3900円のAmazonプライム会員の登録すると,ドラマや映画が見放題になるサービスです。この記事では2017年6月20日時点でプライムビデオにある映画作品で,これまで感想を書いた中からおすすめの作品を紹介したいと思います。

あらすじには少しのネタバレがあるかもしれません。

きっと,うまくいく

2009年に公開されたインド映画です。日本では2013年に公開され面白いと話題になりました。

インドのトップ工科大学に通っていた親友三人のうち二人が卒業してから10年後に,行方不明になったもう一人の親友を探しながら学生時代を振り返るというストーリーです。

 

とにかくすごい映画です。初めて観たとき衝撃を受けました。この映画にあらゆる要素が詰まっています。友情はもちろん,家族愛,恋愛,社会問題などなどが描写されていて,そのエピソードの一つ一つがとてもいい話になっているのでメインの3人のことが観終わる時には大好きになっていました。

 

その代わり3時間近くあって観るために時間を取らなくてはいけませんが,全然長く感じません。最後に行くにつれてそれまでの伏線がどんどん回収される様子は,鳥肌ものでした。

コメディからシリアスまですべて入っていて,誰でも楽しめる本当にお勧めの作品です。

sasakimovie.hatenablog.com

最強のふたり

2011年公開のフランス映画です。

 

首から下が動かないお金持ちのおじさんフィリップとスラム出身の青年ドリスの話です。

フィリップは自分のことを障害者として可哀そうに見る介護士ばかりでうんざりしていたところ,自分のことを一人の人間としてごく普通に扱う優しいドリスを介護士として雇い,それまでとは一変した楽しい生活を送り始めます。環境が全然違う二人が問題を乗り越えながら仲良くなっていくのを楽しむストーリーです。

 

時間がたつにつれてお互いが影響を受けあっているのが分かって,見ててとても微笑ましいです。ドリスが介護士として勉強している姿はコメディタッチで面白く,ラストのシーンではドリスの優しさにとても痺れます。

とても優しい映画です。寂しいときに観るとドリスの優しさに励まされる気分になります。

 

sasakimovie.hatenablog.com

フォレスト・ガンプ/一期一会

1994年公開のアメリカ映画。主演トム・ハンクス,監督ロバート・ゼメキス。

平均よりも少しだけ知能指数が低くて足が速い男,フォレスト・ガンプが送った波乱万丈な人生を描いた映画。人生の中で彼は,戦争に行って多くの人を救ったり,お金持ちや有名人になったりもした。しかし,様々なことで成功しながらも彼が本当に追い求めるのは,初恋の人との幸せな生活だけだった。

 

フォレストの人生を見ながら,自分の人生を考えさせられる映画でした。彼がいろんな人と関わって,助けてもらう様子を見て,人生ってやっぱりどんな人と関わるかで大きく変わってくるなぁと感じました。

自分の信じることをまっすぐ行動する彼が後に感謝される様子を見て,自分も正直にまっすぐ生きてみようと思いました。

セリフにもいいセリフが多く,コメディ要素もあって,誰が見ても楽しめる名作だと思います。

www.sasakimovie.com

イエスマン ”YES”は人生のパスワード

2008年のアメリカ映画。日本では2009年公開。ジム・キャリー主演。 

Noが口癖の男が質問に足しして全部Yesと答えることによって,前向きな考えを持って人生を歩んでいく話。

 

主人公が何でもYESと答えることで物事に対してポジティブになってから,やることがすべてうまくいく様子は見ていてとてもいい気分になります。コメディなのでちょっとうまくいきすぎている感じはあるんですけど,そこを気にしなければとてもいい映画です。

主人公が上手くいっている様子を見て,自分ももっとYESと言っていろんなことに挑戦しようかなと思わされる映画でした。

www.sasakimovie.com

ビッグ

1988年公開のアメリカ映画。トム・ハンクス主演。

大人になりたいと願った12歳の少年ジョッシュの体が大人になってしまい,大人としておもちゃ会社で働きながら,元の体に戻ろうとする話です。

 

子供の純粋な優しさでうまく社会になじんでいくジョッシュを見て,大人になっても子供らしい心を持っている方が逆に立派な人間に見えるのかなって思ってしまいました。

それとトム・ハンクスの子供らしい演技も良かったです。この時のトム・ハンクスは本当に子どもが入ってるのかなって思いました。トム・ハンクスが踊りながら足でピアノを弾くシーンは有名ですが,とても楽しそうで見てる方も楽しくなります。

 

単純なストーリーですけど,だからこそ考えさせられるものがあります。トム・ハンクスの出世作と言われているので彼が好きな人は観てみるといいです。すごく若くてびっくりします。

 

sasakimovie.hatenablog.com

ミセスダウト

1994年公開のアメリカ映画。ロビン・ウィリアムズ主演。

子供が大好きな声優のお父さんが仕事がなくなったために妻に離婚されるが,子供と一緒にいたい彼は家政婦に変装し,元奥さんに雇われることで子供との時間を確保する。今までやったことのない家事やしつけに苦労しながら,子供たちと父親が同時に成長していき,結婚生活で本当に大切だったことに気付いていくストーリー。

 

子供好きなお父さんを演じるロビン・ウィリアムズさんがとても優しそうでいいです。子供のためならやりたくもない女装もするし,したくないけれどしつけとして叱ったりもする親の大変さを感じられます。でも失敗をしたり,自分の正体を隠そうとする姿はとても面白いです。

ロビン・ウィリアムズさんは俳優役なので何人もの違う声色を使った演技をするのですが,全部使い分けられていてすごいです。また,吹き替え版では山寺宏一さんがやっているので吹き替え,字幕と両方楽しめます。

基本コメディで何も考えずに見ていても,楽しめる作品だと思います。

sasakimovie.hatenablog.com

マイノリティ・リポート

2002年公開のアメリカ映画。主演 トム・クルーズ。監督 スティーヴン・スピルバーグ。

予知能力保持者が存在し,殺人事件の加害者が事件を起こす前に犯人を逮捕できるようになった未来の世界。そこで事件を捜査するはずの刑事が殺人をすると予知されてしまい,元同僚たちから逃げながらシステムの裏側と真実を探っていく話。

 

未来予知から未然に殺人事件を防ぐという面白い設定に,警察官である主人公が殺人事件を予知されるというドキドキな展開もあり,最後までどうなるのか気になりながら楽しめる映画でした。近未来要素を活かしたアクションシーンや,事件の真相に関わるトリックも良くできてるなと思わされるもので,いろんな面から楽しめました。

これからも便利になっていく社会で,便利な道具をどのように使っていけばいいのかとか,犯罪のこととか,現実世界についてのこともいろいろ考えさせられました。

www.sasakimovie.com

キャストアウェイ

2000年公開アメリカ映画。トム・ハンクス主演,ロバート・ゼメキス監督。

運送会社に勤める主人公が乗った飛行機が原因不明の事故で墜落し,ただ一人だけで無人島で暮らさなければいけなくなる。飛行機に乗る直前にプロポーズした恋人の元に戻るため無人島から脱出する機会を待ちながらなんとか暮らしていくストーリー。

 

都会に住んでいる人間が無人島で初めは何もできない様子を見て,人間の無力さを感じられます。そして都会と自然の時間などの感覚の違いについて考えさせられます。彼が無人島で暮らした時間と都会の時間,同じ長さでもそこにいる人の感覚はあまりに違っているということがこの作品のポイントの一つだと思います。

無人島での寂しさを紛らわすためバレーボールをウィルソンと名付けて話し相手にするのですが,彼とのシーンはとても印象深いです。

無人島生活のおかげでいろいろ苦しい思いをする主人公ですが,何があっても前向きに生きようとします。つまずいた時に観ると,とりあえず頑張ろうと思えるかもしれません。

sasakimovie.hatenablog.com

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

1998年のアメリカ映画。主演 マット・デイモン。

非行少年 ウィル・ハンティングが,彼の才能に気付いた数学の先生や彼の心の傷を癒そうとする心理学の先生と出会い,自分の道を探し始める話。

ウィルの才能を生かした道に進ませようとする数学の先生と,彼が本気でやりたいことを見つけてほしいと願う心理学の先生,そして今まで悪さをしながら長い間楽しく過ごしてきた友達などの話を聞きながら,彼は今まで本気で考えなかった自分の将来について考えていく。

 

生き方に悩む天才について描いた映画です。登場人物のみんながウィルの将来のことを考えていて,とても優しくていい話でした。天才でも凡人でも,みんなそれぞれ悩むことや苦労していることはあって,そんな時に助言をしてくれたり,背中を押してくれる人の存在は,誰にとっても本当に大切だなと感じました。

私には大した才能も無ければ天才の才能を見極めるほどの力も無いので,これからはせめて,悩んでいる人の背中を押して応援してあげられる人になっていきたいなと思いました。

www.sasakimovie.com

her 世界でひとつの彼女

 2013年公開のアメリカ映画。

奥さんと別居して,ふさぎ込んだ生活をしていた主人公が,明るくて優しい性格の人工知能と恋におちる話。彼女との生活が楽しくて仕方ない主人公だったが,ある日成長し続ける人工知能と人間の価値観の違いに気付く。

 

人工知能と人間との恋愛映画です。二人がラブラブで微笑ましく見れますが,途中から二人がずれてくるのを見ていると寂しくなります。

サマンサが本当にやさしくていい子です。字幕版ではスカーレット・ヨハンソンさん,吹き替え版では林原めぐみさんが演じていらっしゃって,声も本当にいいです。

立場が違う二人の恋の行く末がとても気になる作品でした。

www.sasakimovie.com

ナイト ミュージアム

2006年公開のアメリカ映画。日本では2007年公開。主演ベン・スティラー。

夜になると展示物が動き出す博物館で働くことになった主人公が,展示物たちと付き合っていくことで成長する話。

 

恐竜の化石や動物のはく製,歴史上の人物の人形などの博物館の展示物が動き出すという,分かりやすい上に大人も子供もわくわくするような設定の面白い映画でした。

主人公のラリーが展示物が言う事を聞かない問題を解決する手段として,勉強していたことが個人的にはとても良かったと思います。才能やその場のひらめきや根性ではなく,博物館のガイドさんに聞いたり,本を読んだりして展示物について勉強した結果,彼らとうまく付き合えるようになり,クライマックスでもその勉強した結果で,ラリーは良いエンディングへと導いていきます。

この映画を見た子供たちがこれを好きになってくれたら,勉強の大切さなどにも気づくきっかけになるのではないかと考えました。

本当に子どもが好きそうな話なので,子供に見せるテレビとかで困ったらこれを見せたいなと思いました。

www.sasakimovie.com

ミッドナイト・イン・パリ

2011年アメリカ映画。日本では2012年公開。監督・脚本 ウディ・アレン。

1920年代のパリが大好きな主人公が,夜だけ1920年代のパリにタイムスリップしてしまう話。

 

昔の時代にあこがれを持ちすぎている主人公が,その時代の尊敬する人たちに会ってその価値観が変わっていく話です。芸術家さんたちのキャラクターが面白く,その掛け合いも楽しめました。

1900年代前半の有名な芸術家さんがたくさん出てきて,知らなかったらちょっと混乱します。私は全然知らないので調べながら観てましたが,多分すごい有名な人なんだなって認識でも十分楽しめると思います。

過去にすがるのではなく今を生きようと前向きに思えるいい映画だと思いました。おしゃれな演出やセリフも多くて,とても心に残りました。

www.sasakimovie.com

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

2014年のイギリス・アメリカ製作映画。ベネディクト・カンバーバッチ主演。

イギリスの数学者であり暗号解読者でもあったアラン・チューリングの人生の実話に基づいた物語。アランが第二次世界大戦中,敵国ドイツが使っていたエニグマ暗号を解読する様子と共に,当時の社会事情によって苦しめられる彼らの様子が描かれる。

 

主人公が暗号を解読する部分は,こんな難解な暗号をどうやって解読するのかと続きが気になってワクワクする内容でした。それに,最初は険悪だった仲間と仲良くなっていく様子も熱いものがあって楽しめました。劇中には暗号がいくつか出てくるのですけれど,その書いた側と受け取った側だけが理解できると言う関係が,何だか特別でロマンがあるものに感じられて,暗号ってなかなかいいものだなと思わされました。

しかし差別の問題なども扱っているので,気楽に見られる映画ではないと思います。でもやっぱりこういう映画を見ることも私は大事だと思いますから,見た人は内容についてしっかり考えてほしいと思います。

www.sasakimovie.com

ウォーム・ボディーズ

2013年公開のアメリカ映画。主演 ニコラス・ホルト。

ゾンビがはびこる世界で人間に恋をした青年ゾンビと,彼の心の優しさに気付いた人間の女の子のラブストーリー。

 

今までのゾンビ映画のイメージとは違って,ゾンビの男の子と人間の女の子の微笑ましい恋愛映画だったので,ゾンビ映画が苦手な私でも最後までしっかり楽しめました。愛が正義という感じの希望が持てるストーリーだったと思います。彼女に近づきたいために,努力して人間に近づこうとする主人公ゾンビのRのことを自然に応援したくなりましたし,仲良くなった二人の姿はとても楽しそうでずっと見ていたいなと思いました。

別の立場の相手と交流する登場人物の様子を見て,現実の自分の行動についてもいろいろ考えさせられました。

www.sasakimovie.com

鍵泥棒のメソッド

2012年公開の日本映画。監督・脚本 内田けんじ。主演 堺雅人。

貧乏な俳優志望の男が記憶を失くした裏社会の便利屋 「コンドウ」と呼ばれる男から荷物を盗み,お互いの人生を入れ替えてしまう。入れ替わった相手が何者か全く知らない彼らが,困惑しながら過ごす様子を描いたコメディー。

 

伏線回収が見事で,とても綺麗にまとまっている話でした。途中まで関係ないと思っていたことの全てが後半のシーンに繋がっていて何度も見返したくなる映画でした。

記憶が無くなる役の香川照之さんや,他の人物を演じる堺雅人さんの演技もとても良くて見どころの一つです。

ロマンチックな展開もあって優しい話なだけでなく,伏線回収もきれいで,すごく安定感のある映画だと思います。

www.sasakimovie.com

麦子さんと

2013年公開の日本映画。主演 堀北真希。

今まで一緒に暮らしていなかった母親が突然一緒に暮らし始め,そして突然亡くなってしまう。主人公の麦子が母親の納骨のために母親の故郷へやってきて,彼女の昔の話を聞きながら,成長していく話。

 

麦子が若いころのお母さんの話を知っていく様子を通じて,麦子を心配する母親や,彼女たちの夢を応援する周りの人たちの優しい気持ちが伝わってくるいい映画でした。子供から見ると,母親は生まれた時から母親なので気づかないですけど,親も人間なので,きっと今までいろんなことがあったんだなと思わされました。

麦子も含めて登場人物がみんな優しくて,温かい気持ちになれるいい映画でした。麦子が母親について知っていく様子から,自分の親との関わりについても考えさせられます。それと本当に堀北真希さんが可愛く映っている映画ですので,堀北真希さんのファンは必見の映画です。

www.sasakimovie.com

セトウツミ

2016年公開の日本映画。主演 池松 壮亮,菅田 将暉。

放課後に河原でしゃべって暇をつぶす高校生 瀬戸と内海の日常を描いた映画。キャッチコピーは『「喋る」だけの青春。』。

 

ほとんどが瀬戸と内海の会話だけですけど,その雰囲気や内容がとても面白いので全然飽きずに楽しめます。全体的にお笑い芸人さんのコントみたいな感じで,時間も1時間15分しかないので,とても楽に見られる映画だと思います。

彼らが暇つぶしのため,毎日河原でくだらないことを話す様子がとても楽しそうに見えました。劇的てドラマチックなことはあまり起きませんけど,本人たちが楽しければこんな生産性のない青春もありだなと思わされました。

高校生の二人が気になったことを話しているだけなので,あまり意気込んで見ると拍子抜けするかもしれませんけど,なんとなく見る分にはとても見やすい映画でした。ご飯を食べながら見たりしてもいいと思います。

www.sasakimovie.com

まとめ

プライムビデオで配信されている作品で面白いものはもっとたくさんありますが,全部書くとすごく長くなるのでこれでいったん終わります。

プライムビデオはメジャーな作品からマイナーな作品まで幅広いラインナップがあるので,観たことない作品を観て発掘するのもいいかもしれません。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

 

www.sasakimovie.com