ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「セトウツミ」の感想,あらすじ

セトウツミ

2016年公開の日本映画。主演 池松 壮亮,菅田 将暉。監督・脚本 大森立嗣。

(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  (C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

放課後に河原でしゃべって暇をつぶす高校生 瀬戸と内海の日常を描いた映画。キャッチコピーは『「喋る」だけの青春。』。

あらすじ

大阪に住む男子高校生 内海 想は,学校が終わってから塾に行くまでの時間を河原の階段に座って過ごしていた。

ある日,一人で時間を潰していた内海に,同じく部活をやめて暇を持て余した同級生の瀬戸 小吉が話しかけた。内海はお調子者の瀬戸の強引さに少し戸惑ったが,いつの間にかその放課後の時間つぶしの時間を,彼と話しながら過ごすようになっていた。

それから時が過ぎても二人は放課後の河原に集合し,毎日暇をつぶすためだけの青春を送っていく。

 

amazonビデオ(プライム会員は無料)

 

DVD

http://amzn.to/2twkoMd

感想(ネタバレあり)

ストーリーについて

ほとんどが瀬戸と内海の会話だけでしたけど,その雰囲気や内容がとても面白かったので楽しく見られました。全体的にお笑い芸人さんのコントみたいな感じですし,時間も1時間15分しかないので,とても楽に見られる映画でした。

 

ドラマみたいに劇的な青春ではなく,くだらなくて何の生産性も無いことを話すだけの青春も,本人たちが楽しいのならばそれもいいものだと思いました。物事の楽しみ方は人によるなということを改めて感じました。

しかし,せっかく今話題の役者さんを使った映画なのに,特に変わったことが起きないくだらない会話だけで終わるのは少し物足りない気もしました。でも,変にドラマチックなことが起きると,彼らの暇つぶしの楽しいおしゃべりも青春だなと思えなくなるので,この映画はこれでいいのだと思います。

あんまり構えて見ると,高校生の二人が気になったことを話しているだけなので拍子抜けするかもしれませんけど,なんとなく見る分にはとても見やすい映画でした。ご飯を食べながら見たりしてもいいと思います。

二人の関係性について

ほとんど瀬戸と内海しか出ないですけど,彼らの関係性やキャラクターがとても良くて印象的でした。

 

暇つぶしのために河原で話し始めた二人が,口には出さないけどその時間を楽しんでいるという感じが分かるのが,実際の高校生っぽくて良かったです。河原に行かないという事もできるけれど,二人はそこでまったりお喋りすることを選んで行っていたわけですから,内心楽しみにしているんだろうなという事が伝わりました。暇つぶしをする必要が無い夏休みに会っていたり,内海が瀬戸の誕生日をお祝いする場面も,彼らの仲が深まっているのが分かって良かったです。

瀬戸と出会う前は本当につまらなそうに過ごしていた内海が,大道芸人さんと打ち合わせしてまで誕生日のお祝いを計画していたことに,彼の心の変化も感じられました。それが思わぬことで台無しになって,良く分からないまま瀬戸を慰めることになっていた内海は,可哀そうだったけど少し癒されました。

分かりやすい青春の形ではなくても友情や信頼は得られるものだから,他人にそのあり方を強制される必要なんてないなと二人の仲を見て思わされました。

 

他人と話すときの瀬戸の距離感が内海に合っていたから,性格が正反対な二人があそこまで仲良くなれたんじゃないかなと私は思いました。

瀬戸が近づくと内海が離れていくシーンがありましたけど,内海はあんな風に人に過度に近づかれたり,行動を強制されることが苦手な人なんだと思います。だから,彼の家庭環境などの深い部分にはあまり踏み込まないような,瀬戸との会話が楽なんじゃないかと思いました。

たまに会話の間に沈黙がありましたけど,それを一切気にしないというのも良かったです。お互い無理せずにいられる関係だから,会話を無理して繋ぐ必要も無くて楽なんだろうなと感じました。話したいことだけ話して,それを聞いて,聞きたくないことは聞かないし,言いたくないことも言わないみたいな,ゆるい関係だから内海は瀬戸との会話を楽しめていたんだと思います。

無理して部活をしたりする,ドラマのような高校生活を選ばなかった彼らが,一番楽しめる青春の形じゃないかなと私は思いました。

 

それと,彼らのセンスには驚かされっぱなしでした。『匹で一番でかいやつって何なん?』っていう問いに対して『狼やな。』と即答できる内海はすごいなと思いましたし,どこまで高い声でるかグランプリやろうと言いだして,コウモリが集まったら勝ちと言う瀬戸のセンスも衝撃でした。圧倒的な会話のセンスのぶつけ合いも,彼らの関係の魅力の一つだと思います。

 

映画とは直接関係ないですけど瀬戸を見ていると,私の通っていた高校でも,瀬戸のようにスポーツができてみんなに慕われているような人は,人気者の生徒にもおとなしめの生徒にも,同じように接していて優しかったなという事を思い出しました。やっぱり,いいものを持って生まれた人は,いろんないい面を身に付けていくんだろうなと感じました。

まとめ

基本的に二人がしゃべるだけですけど,その会話の内容や雰囲気がコントみたいで面白くてとても楽しめました。くだらない会話をしながら暇をつぶす青春も,本人たちが楽しいならいいと思います。二人のキャラクターも個性的で良かったです。

時間も1時間15分しかないので,とても楽に見られる映画だったと思います。

この記事を読んだ人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com