ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「たまこラブストーリー」の感想,あらすじ

たまこラブストーリー

2014年公開のアニメーション映画。京都アニメーション制作。テレビアニメ「たまこマーケット」の続編。

幼馴染の高校生の男女二人が,悩みながら告白したりする話。

©京都アニメーション/うさぎ山商店街

あらすじ

主人公は餅屋の娘で高校3年生の北白川たまこ。彼女はおもちが大好きで卒業後は実家の餅屋「たまや」で働くと言うことを周りのみんなに言っていた。

 

彼女には向かいにある餅屋「大路屋」の息子で大路もち蔵という幼馴染がいた。彼はずっと前からたまこのことが好きだったが,なかなか言い出せずにいた。

もち蔵は東京の大学に進学することを決めていたので,二人が夜に話すときに道路をまたいで使う糸電話をたまこが失敗せずにキャッチできたら,告白しようと考えていた。しかし彼女は100回に1回ぐらいしかちゃんと受け取ってくれないため,告白できないでいた。

 

はやくたまこに告白しなければと焦るもち蔵だったが,ある日たまこの友達のみどりに「たまこのことずっと見てて好きなのバレバレなのに全然告白しないね。いつ告白するの?」みたいなことを言われて,勢いで今日告白すると言ってしまう。

一緒に帰っていたもち蔵とたまこは,昔一緒に遊んだ河川敷で話をすることにした。彼女はいつも通りおもちの話ばかりして,ロマンチックのかけらもないので今日も告白はできないかともち蔵は考えていた。

 

その後,二人が河川敷の飛び石を飛んでわたっているときに,たまこがバランスを崩して落ちそうになったが,もち蔵が手を取ってたまこを助けた。思ってもみなかったチャンスだと思ったもち蔵はここで告白することを決める。

「俺,めちゃくちゃたまこが好きだ!」

とはっきりとした告白を受けたたまこだったが,動揺して川に落ちてしまう。またもち蔵に助けてもらうが,彼女は「かたじけねぇ。私,先に失礼するでござんす。」と変な言葉を使い,びしょ濡れのままその場から逃げ去ってしまった。

その後商店街や学校でもち蔵に会っても、たまこは避けるようになってしまう。そして次の日ももち蔵の告白のことで頭がいっぱいで、家族にも変なことを言ってしまって不思議がられる。

 

もち蔵がたまこに振られたかと思って気を落としていたところ、たまやの前に救急車が止まっていて、たまこが不安そうな顔をしているのを見つける。話を聞くと、たまこのおじいちゃんがもちを喉に詰まらせて倒れたそうだ。

心配だったのでもち蔵もたまこと一緒に救急車に乗り病院へ向かったが、どうやら無事だったらしく二人ともホッとする。病院の待合室で二人きりの気まずい雰囲気の中で,もち蔵は元の関係に戻りたくてたまこに「 この前のこと,無かったことにしてくれ。」と言う。言われたたまこは少し寂しくなる。

 

たまこは次の日学校でもちが好きになったのは,昔たまこが悲しんでいた時,もちで励ましてくれたもち蔵のおかげだったということを思い出し,自分がもち蔵のことを好きなことに気付く。返事をしようとするたまこだったが,恥ずかしくてやっぱりできない。

ある日の夜,たまこは,お父さんが亡くなったお母さんに告白するときに作った歌を聴いていた。お父さんは恥ずかしくて嫌がるが,たまこはその歌がお気に入りだった。何度も聴いていたが,お父さんの歌が終った後に続きがあったことにその日初めて気が付いた。そこに録音されていたのは,学生時代のお母さんのお返しの言葉と歌だった。

 

お母さんだって恥ずかしかったのに勇気を出してお返ししていたので,自分も勇気を出してもち蔵に気持ちを伝えるべきだと決心する。

 

 その後のある日,インフルエンザの流行で明日は学校が休みと言う連絡網が回ってきた。たまこはその連絡をもち蔵には回さず,明日もち蔵が学校に来て二人きりになった時に告白しようと考えた。

次の日たまこは休校の学校に行ったが,もち蔵は来ていなかった。待っているとみどりが来て「大路,来ないよ。あいつ転校するんだって。急げば新幹線に間に合うかも」とたまこに言う。

 

それを聞いて駅に全力疾走で向かうたまこ。彼女はもち蔵にどう気持ちを伝えるのか。

amazonビデオ

Blu-ray

http://amzn.to/2bXx4Te

感想(ネタバレあり)

ストーリーについて

こんなにまっすぐで純粋な青春恋愛映画はほかに観たことないです。たまこともち蔵が恥ずかしがったり悩んだりする姿がすごくかわいくて,二人が大好きになります。

 

テレビアニメの続編なのでテレビを見たほうが楽しめるとは思いますが,見なくても楽しめると思います。

もち蔵の序盤のモノローグの

とある町の商店街。小さいけれど賑やかで,お祭りみたいなこの町で,生まれた時から向かい通し,同じもち屋の息子と,娘。

誰も気付いてないとは思うけど,僕は,この幼馴染の女の子に恋を,してるんだけど…。

「たまこラブストーリー」のもち蔵のモノローグ

これを聞いたらほぼ大丈夫です。この映画にややこしい設定は無いです。

 

この映画は,ほかのよくある恋愛映画のようにインパクトある性格のキャラクターや特殊能力を持った人間などは出ません。音楽の天才だったり,すごいモテるキャラもいません。たまこももち蔵も普通の高校3年生で,もち蔵がたまこに告白してから,たまこが悩んで返事をするというだけのストーリーです。事件もたまこのおじいさんがもちをのどに詰まらせるぐらいです。

でも,それがいいんです。二人が普通の高校生だからこそ,もち蔵がたまこに告白するときのドキドキ感も,たまこの動揺も,返事をされた時のもち蔵のうれしさも理解できて,心に残ります。

 

予告であったもち蔵がたまこに川で告白するシーンがラストかと思って初めは見ていたんですけど,ちがってびっくりしました。あれ,早いな?って思いました。むしろそこからのたまこともち蔵が悩むところが大事でしたね。

 

最後にみどりちゃんがもち蔵が転校するって嘘をついて,たまこを行かせたのは良かったです。みどりちゃんはたまこのことが好きなんですけど,たまこのためを思って行動した結果なんでしょうね。優しいし,粋でしたね。

 

昔のお母さんがお父さんに贈った歌で背中を押されると言うのも良かったです。お母さんがお父さんの告白から1回逃げていたってことも分かって,やっぱり親子なんだなって思いました。

最後のシーンについて

最後のシーンでたまこが糸電話越しにもち蔵に「もち蔵,大好き。どうぞ」って言ったシーンがすごく好きです。画面が真っ暗になって糸電話越しのたまこの声だけになる演出は,DVDじゃなくて映画館で見たかったなと思いました。たまこの声がかわいいです。

 

糸電話で告白すること自体がいいですね。最初にキャッチするのに失敗していたのは,もち蔵の気持ちをうまく受け止められない状態だったからで,最後にはしっかり受け取ったからバトンもコップもキャッチできたという意味なんでしょうかね。

 

何よりも,もち蔵を追って新幹線の乗り場まで来たたまこが可愛すぎます。大声でもち蔵の名前叫んで「待ってよー!何で東京行っちゃうの?東京遠いよ?ずっと近くにいたのに,何で離れちゃうの?私まだもち蔵に何も,」って言って,糸電話を二つとも渡してしまって「あ,間違えた!」って慌てるところが,特に可愛いです。

 

たまこの言葉が終ってすぐに,たまこが歌う「恋の歌」が流れるのも良かったです。まだまだ二人の物語は終わらないよって感じで盛り上がりました。

感想

本当にこれ以上ないってぐらい,まっすぐな青春恋愛ものです。主役の二人が本当にいい子なのでうまくいってくれと応援したくなります。テレビ版を見てない人も楽しめますし,見た人はもっと楽しめると思います。

これを観た後はきっとたまこともち蔵のことが大好きになりますよ。

この作品を観た人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

 

www.sasakimovie.com