ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「ロッキー2」の感想、あらすじ

ロッキー2

1979年公開のアメリカ映画。日本でも同年公開。監督・脚本・主演 シルヴェスター・スタローン。

www.youtube.com

前作『ロッキー』でのアポロとの対戦を終えた後の物語。アポロが再戦を望む中、けがを負い家庭を持ったロッキーが、ボクサーを続けるかどうか悩む様子が描かれる。

あらすじ

ロッキー・バルボアとアポロ・クリードの世界ヘビー級タイトルマッチは、僅差でチャンピオンのアポロが勝利した。

だが、その結果に納得していない者も大勢いた。試合を闘った張本人であるアポロもその一人であった。彼は自分とロッキーの本当の実力の差を世間に証明するために、彼との再試合を望んだのだ。

しかしロッキーはそれを断り、ボクサーの引退声明を出した。アポロの強烈なパンチのダメージが、彼の目に残ってしまったからである。これ以上ボクシングを続けると、目が見えなくなるかもしれないとまで言われたため、心配したエイドリアンは、彼にボクシングは二度としないという約束をさせた。

 

目以外のダメージが回復したロッキーは、すぐにエイドリアンと結婚した。そして、アポロとの試合のファイトマネーを使って高い車や時計を買い、良い家に引っ越した。さらにその後、二人の間に子供ができた。

二人は幸せな生活を送っているように見えたが、それも長くは続かなかった。ロッキーがボクシングの代わりに始めた仕事は、上手くできなかったり、不況のせいもあって、全て長くは続かなかったのだ。

 

ロッキーは、自分にはやはりボクシングしかないと思い始めた。そんな時、アポロがテレビに出て、ロッキーと再び闘うために彼を挑発している姿を見た。ロッキーとトレーナーのミッキーは、その挑発に乗って再びアポロと闘うためのトレーニングを始めたのだ。

しかし、エイドリアンに反対され続けていたこともあって、ロッキーはそのトレーニングに身が入らなかった。その状態を見たエイドリアンの兄のポーリーが、ロッキーのことで彼女を責めると、彼女はショックを受けて倒れてしまったのだ。

 

エイドリアンは搬送された先の病院で子供を産んだ。子供は無事だったが、彼女はストレスと過労が原因で余病を併発し、昏睡状態に陥っていた。ロッキーは産まれた子供の顔を見ることも無く、彼女を心配してずっとそばで声をかけ続けた。

そのおかげか、しばらくすると彼女は目を覚ました。そして、迷惑や心配をかけ続けた彼女にロッキーは、エイドリアンが望むならボクシングはもうやめてもいいと告げる。だが、それに対して彼女は、彼に全く反対のことを望んだのだ。

その言葉を聞いたロッキーはやる気を取り戻し、アポロとの再戦に向けて全力のトレーニングを始めた。

 

そして、多くの人が待ちに待った試合当日。先にリングに上がったロッキーの元に、前回とはまるで違う、厳しい表情のアポロが姿を現した。

エイドリアンたち家族のために闘うロッキーと、自分の実力を証明するために闘うアポロ。因縁の対決開始を告げるゴングの音が会場に鳴り響いた。

 

感想(ネタバレあり)

一度ボクシングをやめかけたロッキーが、あるきっかけから本気のトレーニングを始めて、チャンプといい勝負をする、という展開は前作とほぼ同じなのですが、観ている私もそれを求めているような部分があったので、同じような展開を楽しく見られました。

良かった点について

トレーニングを始めるまでの展開は、私は2の方が好きです。一作目はロッキーがボクサーとしての底から始まってどんどん上がっていく話でしたが、2では有名になってはしゃいでいる状態からスタートして、またボクシングができなくなってからの、トレーニング再開でしたから、再開した時の嬉しさは前作よりも大きかったように思えました。展開的にもメリハリがあるように思えましたし、アポロとの最後の勝敗の付き方も、個人的には今作の方がドキドキしました。

 

その分2では、ボクシングをしていない時のロッキーたちの場面で、前作よりも辛いところがありました。

心配してくれるエイドリアンに言われて違う仕事もしてみるけれど、やればやるほど自分にはボクシングしかないと分かるロッキーは、見ていて辛かったです。でもロッキーを心配するエイドリアンの気持ちも分かるので、また辛いです。

そして何よりも、最初からロッキーがボクシングをすることを期待して観ているのに、やりたい気持ちを抑えて違う仕事をしている彼を見る、視聴者の私も辛いという、三重苦の状態でした。ポーリーは前作からロクなことをしないキャラクターですが、何でリングに上がらないのか?という彼の疑問には、私も同じことを思ってしまいました。

しかしそれがあったからこそ、エイドリアンが目を覚まして、『勝って』と言ってロッキーを応援した時には、自分の感情とシンクロしてとても嬉しかったです。そして、その瞬間にあの音楽が流れてトレーニングを始めた時には、最高に気分が高まりました。

終わってから冷静に考えると、倒れる寸前まで反対していたエイドリアンの考えが、突然変わった気もしましたが、盛り上がったので全然いいです。

 

ロッキーが相変わらず優しいのも良かったです。

劇中の序盤で、エイドリアンがいなきゃキッチンも家も何の意味もないと言っていましたが、彼にとってはボクシングもきっと同じなんですね。彼女を安心させるために、ボクシングをやめようとしていた時には、残念に思いながらも彼の優しさを感じて、グッとくるものがありました。

気になった点について

前作も同じですが、それまでしばらくまともにトレーニングしていなかったロッキーが、試合の直前だけトレーニングして、チャンピオンといい勝負をするのは、冷静に考えると、ん?って思います。前回はアポロが油断していたことがありましたが、今回は最初から本気で闘っていたので、なおさらそう思いました。

2では利き手の小細工をして、勝つきっかけを作っていたのは良いと思いました。しかし、直前のトレーニングによる急激なパワーアップは健在でした。

 

アポロとの試合が終わった後のインタビューを受けるシーンは、私は前作の方が好きでした。あんまり長くいろいろ話されると、余裕があったように見えてしまいます。

正直アポロも、ロッキーのことなんか諦めればいいのにと思いましたが、こだわる男だからこそ、チャンピオンになれたのでしょうね。

まとめ

前作と同じような展開と言えばそうですが、期待を裏切らない面白い映画でした。前作よりも、試合までの話に変化が多かったところが私は良いと思いました。

この作品を観た人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com