読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「グラン・トリノ」の感想,あらすじ

グラン・トリノ

2008年のアメリカ映画。日本では2009年公開。原題『Gran Torino』。監督,プロデューサー,主演 クリント・イーストウッド。

 

(C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

昔気質のアメリカ人の老人が隣に住むアジア人の若者と出会い,彼らを世話することで,考え方を改めていく話。

あらすじ

ポーランド系アメリカ人のウォルト・コワルスキーは,若いころに軍人として朝鮮戦争で戦い,それから50年間フォードの工場で働き続けた。彼は戦争から帰って来てから素敵な女性と結婚し二人の息子が生まれたが,退職後の生活は彼にとって気に食わない事ばかりだった。

 

長男が日本車のセールスマンになったこと,孫娘の服装,家の周りがアジアからの移民ばかりになったことなど,昔気質なウォルトはそんな周りの変化が気に入らなかった。そして彼の息子たちも,いつも小言ばかりで頑固なウォルトのことを面倒に思っていた。

長年連れ添った奥さんが亡くなった葬儀の日も,奥さんの知り合いでウォルトを心配する神父に対して,冷たい言葉を言って突き放した。

続きを読む

映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の感想,あらすじ

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

1998年のアメリカ映画。主演 マット・デイモン。

(C) 1997 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

非行少年 ウィル・ハンティングが,彼の才能に気付いた数学の先生や彼の心の傷を癒そうとする心理学の先生と出会い,自分の道を探し始める話。

あらすじ

フィールズ賞を受賞したこともあるマサチューセッツ工科大学の数学教授 ジェラルド・ランボーは,ある日自分の授業を受けている生徒たちへの問題を廊下の黒板に書いた。もしその数式の証明ができたら,その成果は記録に残され,証明した人物は名声と幸運を獲得できるだろうと彼は言った。

 

世界有数の秀才が集まるMITの生徒でもその問題の証明は苦戦していたが,学校の清掃の仕事をしていた青年 ウィル・ハンティングが,仕事や友達と遊ぶ片手間ですぐに解いてしまった。

廊下の黒板に書かれた証明を見てランボーは驚いた。しかし彼はそれを書いた人物が誰かわからなかったため,その謎の人物に対する挑戦として自分が2年かかった証明問題を,また廊下の黒板に書いた。

そして,清掃に来たウィルがまたもやすぐにその問題を解いた。ランボーはウィルが黒板にその答えを書く様子を目撃したが,まさか清掃員の彼がそれを解いているとは思わなかったため,彼を逃がしてしまった。

続きを読む

ゲーム「ライフ イズ ストレンジ」の感想,あらすじ(極力ネタバレなし)

ライフ イズ ストレンジ

フランスの開発スタジオDONTNODが開発したゲーム。2015年発売。日本語版は2016年発売。

(C)Square Enix Ltd 2015. All rights reserved. Life is Strange is a trademark of Square Enix Ltd. Square Enix and the Square Enix logo are trademarks or registered trademarks of Square Enix Holdings Co. Ltd. All other trademarks are property of their respective owners.

時を巻き戻す能力を手に入れた主人公が5年ぶりに再会した親友と共に,その力を使ってある女子生徒の失踪事件を調査する五日間の物語。

あらすじ

主人公はマックス・コールフィールドという18歳の女子高生。彼女は両親の都合で一度地元を離れたが,名門のブラックウェル高校で写真を学ぶために,5年ぶりに一人でアルカディア・ベイに帰ってきていた。

彼女は学校の人間関係について悩むこともあったが,好きな写真を尊敬するジェファソン先生から学べているという事もあって,何とかその学校で一か月間過ごしていた。

マックスの通う学校にはおよそ半年前にある事件が起きていた。レイチェル・アンバーという女子生徒が,突如失踪したのだ。半年たった今でも,その学校の校舎や寮のいたるところにレイチェルを探す張り紙が貼られていた。

続きを読む

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の感想,あらすじ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

2017年公開のアメリカ映画。原題『Guardians of the Galaxy Vol. 2』。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編。マーベル・スタジオ製作。『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第15作目の作品。

©Marvel Studios 2017

前作で偶然出会って結成されたチーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が,スターロードの父親を名乗る男が現れたことをきっかけに,再び銀河を救う戦いをする話。

あらすじ

以前,銀河の危機を救った「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバーは,黄金の惑星ソブリンからの依頼で,「アニュラクスバッテリー」という高価な電池を護衛していた。

彼らはバッテリーを狙う巨大な敵を倒してそれを守りきった。そしてその報酬として,ガーディアンズのメンバーであるガモーラの妹,ネビュラの身を引き渡された。

バッテリー護衛の任務を終えた彼らは,ネビュラにかかっている懸賞金を受けとるために他の星に向かおうとしたが,ソブリンを出発した直後にその星の無人機部隊が彼らを追ってきた。彼らの目的は,ガーディアンズのメンバーで,遺伝子操作によってつくられたアライグマのロケットが護衛対象のバッテリーを盗んでいたためだった。

続きを読む

映画「ウォーム・ボディーズ」の感想,あらすじ

ウォーム・ボディーズ

2013年公開のアメリカ映画。原題『Warm Bodies』。 主演 ニコラス・ホルト。

(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved

ゾンビがはびこる世界で人間に恋をした青年ゾンビと,彼の心の優しさに気付いた人間の女の子のラブストーリー。

あらすじ

舞台は謎の伝染病が蔓延し,多くのゾンビが存在する世界。伝染病の発見から8年が経った今でも治療薬は見つかっておらず,日々増加するゾンビを恐れた人間は,コンクリートの高い壁で囲まれた街の中で暮らしていた。

一方で,感情が無く冷徹な化け物だと人間に恐れられているゾンビたちの多くは,人間が暮らす街の近くの空港に集まって住んでいた。彼らは毎日,生きていたころの仕事の動きを無意味に再現していたり,ひたすらヨタヨタ歩いたりしながら,他人と深く関わることのない日々を過ごしていた。

 

多くのゾンビが住む空港には一人の青年ゾンビがいた。

彼も他のゾンビと同じく毎日無意味に空港をゆっくり歩きまわり,腹が減ったら人間を食べるために外に出るといった生活をしていたが,彼は他人ともっと繋がりたいという,他のゾンビにはない感情を持っていた。生きていた時の自分の名前も最初の文字がRという事しか覚えていなかったが,人間だったころは他人ともっと関われて楽しかったという事は覚えており,うまく話せず他人に気持ちを伝えられないゾンビの体を嫌だと思っていた。

 

続きを読む
www.sasakimovie.com