ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「メン・イン・ブラック3」の感想、あらすじ

メン・イン・ブラック3

2012年公開のアメリカ映画。日本でも同年公開。出演 ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン。製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ。

(c) 2011 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

エイリアンを監視する極秘機関『メン・イン・ブラック』のエージェントを描いた『メン・イン・ブラック』シリーズの第三作。14年間エージェントJの相棒として働いていたエージェントKが、悪いエイリアンの時間改変のせいで姿を消す話。Jが彼を助けるために過去に行って、若いKとともにエイリアンを倒そうとする。

あらすじ

地球に出入りするエイリアンを監視するための政府の極秘機関『メン・イン・ブラック(MIB)』には、二人のベテランエージェントがいた。

一人はエージェントJ。おしゃべりでお調子者だが、元ニューヨーク市警で正義感が強く、捜査官としての能力も高い男である。もう一人はエージェントK。MIB史上最強のエージェントと言われている人物で、JをMIBにスカウトした人物でもある。だが、Jの前では常にしかめっ面で、寡黙で不愛想な人間だった。

Jがエージェントになって14年が経った現在になっても親しげな会話はほとんどなかったが、正反対の性格の二人は互いに信頼しながらコンビで活動を続けていた。

 

だがある事件が発生した日から、KはJに隠し事をして単独で捜査をするようになった。それは、銀河刑務所から脱獄した殺し屋のアニマル・ボリスが、地球にやって来た件だった。

JがMIBのコンピュータで調べた結果、ボリスはかつてKが逮捕した犯罪者であることが分かった。その時にKは、地球全体にアークネットという防衛システムを配備し、人類をエイリアンから守ったようであったが、その詳細については極秘事項となっており、知ることができなかった。

 

次の日。エージェントKの存在が世界から消失した。

続きを読む

映画「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」の感想、あらすじ

WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜

2014年公開の日本映画。出演 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明。監督 矢口史靖。

(C) 2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会

ひょんなことで林業の仕事をすることになった都会育ちの青年が、ケータイの電波も何もない田舎で暮らすことで、その土地の人々や林業の魅力に気づいていき、自分の進路を見つけていく話。

あらすじ

大学受験に失敗した平野勇気はある日突然、新たな林業の担い手となるための研修生の募集に応募した。都会育ちで毎日遊び歩いていた彼が林業を始めると聞いて周りは驚いていたが、その理由は単純明快なものだった。それは、パンフレットに写っていた女性がきれいだったから、というだけであった。

 

そうして、ケータイの電波も届かない田舎での、彼の一年間の研修プログラムが始まった。最初の一か月は資格を取るための基礎講習、それを終えてから職場に出て、11ヶ月の現場研修を行うというものであった。

本職の林業家たちの厳しい指導を受け、勇気は最初の一か月のうちに逃げ出しそうになった。だが、パンフレットに載っていた綺麗な女性に一度だけ会えたこともあって、彼は再び彼女に会いたい思いで、一か月間耐えきったのだ。

講習を終えた勇気は、講習施設よりもさらに山奥にある神去村の中村林業という会社で働くことになった。そして神去村に住む野生的な会社の先輩、飯田与喜の家で居候しながら、残りの11ヶ月を過ごすこととなったのだ。

続きを読む

映画「ブラックパンサー」の感想、あらすじ

ブラックパンサー

2018年公開のアメリカ映画。日本でも同年公開。出演 チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン。マーベル・スタジオ製作。『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第18作目の作品。

(C) Marvel Studios 2017

漆黒のヒーロー『ブラックパンサー』と、隠れた文明国ワカンダの国王、二つの顔を持つ主人公が、その立場に苦悩しながら戦い、自分と国家の進む道を決めていく話。

あらすじ

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で起きた国連施設の爆破テロ事件によって、アフリカ大陸の一国であるワカンダは、国王のティ・チャカを亡くしてしまった。その王位を継ぐのは、ティ・チャカの長男のティ・チャラ王子であった。

ティ・チャラ王子はブラックパンサーとしてキャプテン・アメリカたちと戦った後、祖国ワカンダへと帰り、決闘の儀式を終えて正式にワカンダ王国の新国王となったのだ。

 

ティ・チャラ王が治めるワカンダは、険しい山々と熱帯雨林に囲まれた、貧しい途上国の一つとして世界に知られている。だがそれは表の顔。本当のワカンダは世界の他のどの国にも無いような、高い技術力を持つ超文明国だった。彼らは国土から採れる地上最強の金属、ヴィブラニウムを加工することで、その高い技術力を得ていたのだ。ワカンダの歴代の王は、その事実をずっと世界に隠してきた。

続きを読む

映画「リメンバー・ミー」の感想、あらすじ

リメンバー・ミー

2017年公開アメリカのアニメーション映画。日本では2018年公開。声の出演 石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子。原題は『Coco』。製作 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、ピクサー・アニメーション・スタジオ。

(C) 2017 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

家族に反対されながらミュージシャンを目指す天才少年が、死者の国に迷い込み、先祖の史上最高のミュージシャンに助けてもらおうとする話。

あらすじ

メキシコのサンタ・セシリアに住む12歳のミゲル・リヴェラは、ミュージシャンになることを夢見る音楽好きの少年だった。

ミゲルが影響を受けたのは、史上最高のミュージシャンと言われたエルネスト・デラクルス。彼は生涯で多くのヒット曲を書いた大スターだった。中でもミゲルが一番好きな歌は『リメンバー・ミー』という歌だった。デラクルスは1942年、その別れの歌を歌っていたステージ上で、夢のような人生を終えたのだ。

 

ミゲルは心のどこかでデラクルスとのつながりを感じており、自分もいつかミュージシャンになれると思っていた。

しかし、ミゲルの家族はそんな彼の夢を応援しないどころか、彼が音楽に関わることを一切禁止していた。その家族はミゲル以外の皆、音楽が嫌いだったのだ。それには、ミゲルのひいひいおばあちゃんである、ママ・イメルダの過去に原因があった。

続きを読む

映画「ドクター・ドリトル2」の感想、あらすじ

ドクター・ドリトル2

2001年公開のアメリカ映画。日本でも同年公開。出演 エディ・マーフィ。

前作で動物と会話できるようになったドクター・ドリトルが、森林伐採を止めるために絶滅寸前の熊を野生に戻そうとする話。

あらすじ

動物と話ができる医者のジョン・ドリトルは、前作でトラを治療してから人間と動物の両方を病院で診るようになり、とても忙しい日々を送っていた。特に動物については、困っている動物がいればどんなに忙しくてもあちこちに助けに行ったことで、彼は世界的な有名人となったのだ。

 

動物と話し、彼らを救い続けるジョンのことを家族は分かってくれていたが、長女のシャリースだけは例外だった。

16歳の彼女はいつもヘッドホンをつけて部屋にこもり、久しぶりにジョンに会っても、動物を助ける父親が恥ずかしいと言い放った。そしてさらに、彼氏ができたので自分の誕生日を家族と一緒に祝いたくないとも言ったのだ。

 

次の日、ジョンはシャリースのことを気にしながらも、とある森で彼を呼んでいた謎の大物ビーバーに会いに行った。そしてそのビーバーは、彼らが住む縄張りを守ってほしいとジョンに頼んだのだ。

彼らの縄張りは、製材会社の人間が少し前から森を伐採していた場所にあった。そのため、彼らが住む家は次々と人間によって壊されていたのだ。

森の実情を見たジョンは、そこに住む絶滅寸前の動物を守るためという名目で裁判を起こした。そこにはパシフィック・ウェスタン・ベアという絶滅寸前の熊がいたのだ。

続きを読む
www.sasakimovie.com