ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「キングダム」の感想、あらすじ

キングダム

2019年公開の日本映画。出演 山崎賢人、吉沢亮。監督 佐藤信介。原作 原泰久。


©原泰久/集英社 ©2019 映画 「キングダム」製作委員会

春秋戦国時代の中国に実在した国「秦」で、のちに最初の中国の皇帝になる王と、その国の将軍になる男を描いた物語。秦王の嬴政と主人公の信が出会い、王宮を取り戻すための戦いまでが描かれる。

あらすじ

紀元前245年。春秋戦国時代の中華はその広大な大陸をめぐって、七つの国の間で500年にも渡る争いが続いていた。

そんな時代、西方の国「秦」のとある村には、二人の戦災孤児の少年がいた。

彼らの名前は信と漂。奴隷として働いていた二人は、その生活から抜け出すために毎日剣の鍛錬をしていた。そしていつか、その腕で武勲をたてて天下の大将軍になることを夢見ていたのだ。

 

二人はその夢を抱き続けたまま兄弟のように仲良く過ごし、互いの腕を高め合い続けた。

しかしある日、突然二人は別の道を歩むことになった。国王に仕える大臣の昌文君に、漂のみが王宮で働くように勧められたのだ。信は夢に少しでも近づく彼を喜んで送り出し、漂とは違う道で天下の大将軍になるための努力を続けた。

 

だがその後、漂は瀕死の傷を負って信のもとに戻って来た。

漂はその傷のことを詳しく語らぬまま、自身の夢と、ある場所の地図を託して信の目の前で力尽きたのだ。

続きを読む

映画「ビッグ・フィッシュ」の感想、あらすじ

ビッグ・フィッシュ

2003年公開のアメリカ映画。日本では2004年公開。出演 ユアン・マクレガー。監督 ティム・バートン。


(C) 2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED

ホラ話をして他人を楽しませることが得意な男性の人生を描いたファンタジー映画。その男の作り話にうんざりしていた息子が、改めて夢のようなホラ話を聞いていくことでそれまで気づかなかったことを見つけていく。

あらすじ

エドワード・ブルームは社交性が服を着て歩いているような男だった。エドワードが語るドラマチックな人生の昔話はこれまで多くの人々を喜ばせ、たくさんの人に好かれてきたのだ。

 

しかし彼の息子のウィルは違っていた。彼はエドワードの面白い話を幼い頃から飽きるほど聞かされ、ほとんどが作り話のそれらにうんざりしていたのだ。

エドワードはウィルの結婚式の場でさえ、大きな魚についての自身の冒険話を客に聞かせて、場を盛り上げていた。自分のことが添え物のように扱われたウィルは、それに怒ったきり、その後の三年間父親と口をきかなくなったのだ。

続きを読む

映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」の感想、あらすじ

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜

2019年公開の日本のアニメーション映画。『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第27作。監督 橋本昌和。主題歌 あいみょん「ハルノヒ」。


(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2019

家族みんなで新婚旅行に行った先で、ひろしが謎の集団に誘拐されてしまい、みさえとしんのすけたちが彼を取り戻すために冒険していく話。お互いに家族を思い合う野原一家と、夫婦としてのみさえとひろしの気持ちが描かれる。

あらすじ

新婚旅行に行っていなかった野原一家のひろしとみさえは、ある日格安の新婚旅行ツアーを見つけ、それに家族みんなで参加することを決めた。

行き先はオーストラリアの秘境、グレートババァブリーフ島。50年に一度の金環日食の日に、お姫様に花婿を差し出すことでご褒美としてお宝が得られる、という伝説がある島だった。

みさえはその金環日食を使ったラブラブな家族写真を撮ることを、ずっと楽しみにしていたのだ。

 

しかし、ラブラブで過ごすはずだった新婚旅行に来ていても、普段通りふざけて過ごすひろしを見て、みさえは彼に怒ってしまう。

その後彼女はある大事なことに気づきひろしに謝ろうとするのだが、みさえがそれを伝える前に、ひろしは突然家族の前から姿を消した。

続きを読む

映画「容疑者Xの献身」の感想、あらすじ

容疑者Xの献身

2008年公開の日本映画。出演 福山雅治、堤真一、松雪泰子。監督 西谷弘。原作 東野圭吾「容疑者Xの献身」。


(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

TVドラマ「ガリレオ」の劇場版。天才物理学者のガリレオこと湯川学が、大学の同期の天才数学者が隠蔽しようとする殺人事件の真相を明らかにしていく話。

あらすじ

ある日、顔が潰され指紋と衣服が焼かれて放置されていた身元不明の遺体が発見された。

担当になった貝塚北署の女性刑事、内海薫らは、遺体の所持品と乗り捨てられていた盗難自転車などの証拠により、被害者を富樫慎二という名の男性と断定した。

 

事件の最も有力な容疑者として名前が挙がったのは、冨樫の別れた妻である花岡靖子。中学生の娘がおり、弁当屋を経営している女性だった。

内海たちはすぐに花岡の家に行き彼女から事件発生時の話を聞いたが、その場で彼女が犯人だと決めつけることは不可能だった。花岡靖子にはその日、完璧すぎるアリバイがあったのだ。

警察はその出来過ぎなアリバイを聞いて怪しんだ。だが、彼らが彼女のことを調べれば調べるほど、逆にその完璧さを示すような証拠が次々に出てきたのだ。

 

一人の人間が別々の場所で同時に存在したとしか考えられない。

そんなあり得ないような状況を前にした内海は、以前から何度も捜査協力を頼み共に事件を解決してきた天才物理学者、通称『ガリレオ』の湯川学に再び協力を依頼した。

続きを読む

映画「八日目の蝉」の感想、あらすじ

八日目の蝉

2011年公開の日本映画。出演 井上真央、永作博美。監督 成島出。原作 角田光代。


(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会

父親の不倫相手に赤ん坊の頃誘拐された女の子が、大人になって誘拐犯と過ごした時間を思い出していくうちに、彼女から受けた思いに気づいていく話。

あらすじ

1985年、神奈川県で生後4ヶ月の乳児が連れ去られる事件が発生した。乳児の名前は秋山恵理菜、会社員の丈博とその妻の恵津子の間に生まれた子だった。

犯人は丈博の不倫相手だった女性、野々宮希和子。彼女は過去に、丈博との間にできた子供に対して妊娠中絶手術を行っており、子供が産めない体になった女性だった。

 

恵理菜を誘拐した希和子はその後、自分の子につけるはずだった薫という名前で彼女を呼び、警察の目から逃れながら薫を育てていった。

そして恵理菜が4歳になった頃、あるきっかけで希和子は警察に見つかり、彼女は逮捕されたのだ。

続きを読む
www.sasakimovie.com