ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「宇宙兄弟」の感想、あらすじ

宇宙兄弟

2012年公開の日本映画。出演 小栗旬、岡田将生。

(C) 2012「宇宙兄弟」製作委員会

幼いころに一緒に宇宙飛行士になることを約束した兄弟が、19年の時を経て約束を果たすために頑張る話。

あらすじ

2006年7月9日。

南波六太とその弟の日々人は、夜空に浮かび高速で月の方へ消えていった謎の光る物体を見た。それがきっかけになり、日々人は将来、宇宙飛行士になって月に行くことを決めたのだ。

 

それから19年後の2025年。

日々人は宇宙飛行士になっていた。NASAの月面長期滞在ミッションのクルーになり、日本人初の月面歩行者になろうとしていたのだ。

 

その一方で六太は、10年自動車設計会社で開発の仕事をしていたが、上司とトラブルを起こしてしまい、31歳で無職になってしまっていた。

そんな六太に、ある日身に覚えのない郵便物が宇宙航空研究開発機構(通称JAXA)から届いた。中身を見るとそれは、宇宙飛行士試験の書類審査通過の知らせだった。それは日々人が六太には無断で応募していたものだった。だが、日々人と電話で話して六太は思い出した。2006年、日々人と一緒にUFOを見たあの日、彼と二人で宇宙飛行士になって一緒に宇宙に行くことを約束していたのだ。六太はもう諦めて忘れていたが、日々人はまだ諦めていなかった。

子供のころの夢を思い出した六太は、このチャンスを活かしてもう一度宇宙を目指すことを決めた。

続きを読む

映画「オデッセイ」の感想、あらすじ

オデッセイ

2015年公開のアメリカ映画。日本では2016年公開。原題は『The Martian』。出演 マット・デイモン。監督 リドリー・スコット。

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

火星に一人きりで取り残された宇宙飛行士が、工夫しながら生き延び地球への生還を目指す話。

あらすじ

NASAの有人火星探査計画に参加した、植物学者で宇宙飛行士のマーク・ワトニーは、同じ計画に参加しているクルーと共に、火星表面での土の調査をしていた。そして、彼らが冗談を言いながら作業を進めている時、一つの緊急警告が伝えられたのだ。

 

任務中止になるほどの大嵐が近づいてきていた。彼らはすぐに作業をやめて、火星を離れる準備を始めた。そしてクルー全員で火星上昇機MAVへ向かったが、その途中、強風に煽られて飛ばされたアンテナがマークに当たり、彼も吹き飛ばされてしまった。

船長のルイスは、MAVを動かせられる限界の時間までマークを探していたが、宇宙服の損傷によって彼が死亡したと判断し、クルーを連れて火星を離れた。

その報告を受けたNASAは、マークの死を世間に公表し大々的に彼の葬式をあげた。

 

しかし、MAVが離陸し嵐が過ぎ去った後の誰もいない火星で、マークは目を覚ました。

続きを読む

Netflixオリジナル映画「モーグリ: ジャングルの伝説」の感想、あらすじ

モーグリ: ジャングルの伝説

2018年Netflix公開の映画。出演 クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ベネディクト・カンバーバッチ。

© Netflix

ジャングルで動物たちに育てられた少年が、周りとの違いに苦しみながら自分の居場所を探していく話。

あらすじ

とある運命の夜。

トラのシア・カーンが、古くから続くジャングルの掟を破り、人間の村を襲った。

そして一匹のクロヒョウが、生き残った一人の子供を、自分が暮らすジャングルに住むオオカミの群れの元に連れて行ったのだ。

その子を見つけたオオカミたちと群れのリーダーのアキーラは、その子をオオカミとしてみんなで育て、つけ狙うシア・カーンから守っていくことを決めた。

ジャングルがその小さな生き物に希望を託した夜だった。

 

それから数年後、少年はモーグリと名付けられ、自分を拾ったクロヒョウ、バギーラの背に乗ってジャングルを駆け回れるほどに成長した。

モーグリは周りのオオカミと違う見た目で仲間外れにされることも多かった。だが共に育った家族のオオカミやクマのバルー、バギーラなどに励まされ、彼らにジャングルでの生き方を教わりながら暮らしていた。

続きを読む

映画「チョコレートドーナツ」の感想、あらすじ

チョコレートドーナツ

2012年公開のアメリカ映画。日本では2014年公開。原題は『Any Day Now』。

(C) 2012 FAMLEEFILM, LLC

同性愛者のカップルが、母親に見捨てられたダウン症の少年を引き取って、一緒に生活しようとする話。

あらすじ

1979年。カリフォルニア州、ウエスト・ハリウッド。

バーのステージで女装をして、中央で踊っている一人の男性がいた。彼の名前はルディ・ドナテロ。歌手を夢見ながら、ショーダンサーとして家賃を稼いでいる同性愛者だった。

ルディはある夜、客として来ていた一人の男と知り合った。その男性の名前はポール・フラガー。彼は地方検事局に勤める弁護士だった。彼らは初めて会った日のうちに、すっかり意気投合した。

 

同じ日に、ルディは自宅アパートの隣の部屋で、母親に置き去りにされた一人の少年を見つける。ルディはマルコと名乗ったその少年を見過ごせず、彼を保護しようとポールに相談したが、父親でもなければ母親でもない彼らにはどうすることもできなかった。彼らが何もできないまま、マルコの母親は薬物所持で捕まり、マルコは家庭局によって養護施設に送られてしまったのだ。

 

しかし次の日、ルディがポールと共に車で移動していると、夜道を一人で歩くマルコを見つけた。今度こそ放っておけないと思ったルディは、家庭局に見つからないように、マルコをポールの家に連れて行って彼を保護した。ポールはマルコを守りたいという、ルディの強い思いを知り、マルコを合法的に引き取るたった一つの方法を彼に伝えた。

だがそれには、安全な住環境やマルコ一人の寝室などが必要だった。つまり、ルディとマルコはポールの部屋に同居することになったのだ。

続きを読む

Netflixオリジナル映画「スイッチング・プリンセス」の感想、あらすじ

スイッチング・プリンセス

2018年Netflix公開の映画。出演 ヴァネッサ・ハジェンズ。

© Netflix

シカゴ出身のパティシエが、自分とそっくりな侯爵令嬢に出会い、彼女と入れ替わって二日間生活する話。

あらすじ

シカゴで一番のお菓子屋さんを営んでいるステイシー・デ・ボーノは、何でも計画通りに進めないと気が済まない性格の女性である。

彼女は同僚のケビンに勧められ、ベルグラビア王国のクリスマスケーキコンテストに出場することになった。ベルグラビアに着いた後も、ステイシーはスケジュールを立てて時間通りに行動した。クリスマスを控えた街中は、王子と他国の侯爵令嬢が結婚するお祝いも兼ねてとても賑わっていたが、彼女は早々に買い物を済ませて、コンテスト会場へと向かったのだ。

 

ステイシーはケビンと共に、三日後に行う調理の準備を計画通りに済ませた。しかしその後、彼女が計画していなかった事態が起きた。

コンテスト会場で、ある女性とぶつかったのだ。その人物は、ベルグラビアの王子の婚約者で、侯爵令嬢のマーガレット・デラコートだった。そしてなんと、彼女の見た目はステイシーとうり二つだったのだ。

続きを読む
www.sasakimovie.com