ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の感想,あらすじ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2014年公開のアメリカ映画。マーベル・スタジオ製作。『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第10作目の作品。

(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

トレジャーハンターのスターロードが,悪党に追われる道中で個性豊かな仲間と出会い,銀河を救う最凶チームを結成する話。

あらすじ

1988年 地球

幼い子供のピーター・クイルは,ウォークマンで音楽を聞きながら体調が良くない母親のお見舞いに来ていた。母親はピーターにプレゼントとお父さんがいつか迎えに来てくれる,という言葉を残して彼の目の前で亡くなった。ピーターはその後病院を飛び出して泣いた。すると,空から巨大な宇宙船がやって来て彼をさらったのだった。

 

 

26年後 廃墟の惑星モラグ

大人になったピーターは,相変わらずウォークマンで昔の音楽を聞きながら,ノリノリで彼の他に誰もいないその星を調べていた。奥にある部屋に入ると,彼は光る台座にあったオーブと呼ばれる球体を見つけてそれを取り出した。するとその直後にロナンの部下を名乗る男が銃を持って入ってきて,それを捨てろと彼を脅した。

その男たちは無理矢理ピーターをどこかに連れて行こうとしたが,ピーターは彼らをうまく巻いて,宇宙船で逃げ切ることができた。

 

ピーターはオーブを無事に盗み出して一息ついていたが,そんな彼のもとに宇宙海賊ラヴェジャーズの船の船長,ヨンドゥから通信が入った。ヨンドゥは彼をここまで育てた人であり,ピーターにとっては親代わりの人である。だが,ヨンドゥはラヴェジャーズが狙っていたオーブを盗んだピーターを許してはおけなかったため,彼に懸賞金をかけた。

そして,オーブを狙っていたのはヨンドゥだけではなかった。ノバ帝国の首都惑星ザンダー星に恨みを持ち,星ごと文明を滅ぼそうとしている危険なテロリストのロナンも,オーブを取り返すために部下のガモーラをピーターの元に送っていたのだ。

 

ザンダー星に着いたピーターは,ブローカーと呼ばれる人にオーブを売ろうとしていたが,ロナンの部下に命を狙われたという話をすると,ロナンの危険性を知るブローカーはその取引を急に断った。

ブローカーのところから追い出されたピーターは,緑色の肌の女性ガモーラに出会った。そしてピーターが持つオーブを狙うガモーラは,彼と話している途中にオーブを奪いピーターと戦闘になった。しかしピーターにかけられた懸賞金を狙うアライグマのロケットと樹木型ヒューマノイドのグルートが割り込んできて暴れたため,彼らは4人とも器物損壊で軍に逮捕された。

 

4人ともキルン刑務所に送られた。ロナンの部下だったガモーラは,そこにいたロナンに妻子を殺され,彼に恨みを持った受刑者のドラックスに殺されそうになったが,ピーターが彼女を生かしておけばロナンが現れると説得して止めた。

ピーターはガモーラが知っているオーブの買い手を聞き出して,脱獄した後それをお金に変えるために彼女を助けたのだ。そこで彼女がロナンの味方ではなく裏切るつもりだという事と,オーブの取引価格がピーターにかかっている懸賞金よりもはるかに多いことを知ると,ロケットとグルートも彼らの脱獄に協力することを決めた。

脱獄計画の途中でドラックスも彼ら4人に協力して,最終的には5人で無事に脱出することができた。

 

脱獄に成功した五人は,オーブを売るためにノーウェアと呼ばれる場所に向かった。

そこでオーブの買い手を待つ間,ロケットとドラックスが喧嘩して,ドラックスはどこかに行ってしまった。その後ドラックスを除いた4人はオーブの買い手のコレクターと呼ばれる男に会った。

コレクターはピーターたちにオーブの説明をした。そのオーブには宇宙が生まれる時にできた,とてつもない力を持った石『インフィニティ・ストーン』が入っており,これを使いこなせば文明の一つや二つ簡単に滅ぼすことができるらしい。

オーブを開けてストーンを目にしたコレクターが,ピーターたちへの支払いの準備をしていると,彼の使用人をしていた女性のカリーナがコレクターの目を盗みそれを取ろうとした。そしてカリーナがストーンを握った直後,彼女を中心にした大爆発が起こった。

 

ピーターとガモーラは崩壊しそうな建物から,石が入ったオーブを持って外に出た。彼らがそれをどうするか決めかねていると,その場所にロナンたちがやって来ていることに気付いた。ドラックスが家族の敵を討つために,自ら彼を呼んでいたのだ。

ピーターたちは小型の宇宙船でその場を離れたが,宇宙まで逃げたところでガモーラの宇宙船が敵に撃たれ,オーブを奪われてしまった。生身で宇宙に放り出されたガモーラを助けるために,ピーターはヨンドゥに連絡し,自分と一緒にガモーラを捕まえさせることで彼女を救った。

 

ピーターはガモーラの力を借りれば,オーブをロナンから盗めると言ってヨンドゥを説得し,協力してロナンに立ち向かうことになった。そして残されたロケットとグルートとドラックスも,ヨンドゥに捕えられたピーターを助けるために,ピーターがいるヨンドゥの船にやって来た。

合流した5人は,ストーンの力を使って銀河を滅ぼそうとするロナンを止めるための計画を話し合った。

 

勝ち目の薄い危険な計画だったが今までの旅で生まれた信頼感から,彼らはその計画に参加することを決意する。

負け犬と呼ばれる暮らしをしてきた荒くれチームが挑む,銀河の平和をかけた戦いが,その時始まろうとしていたのだった。

amazonビデオ リンク

 

DVD

http://amzn.to/2qD7UVv

感想(ネタバレあり)

ストーリーについて

ヒーローものの王道のような展開が多くて,ワクワクしながら楽しんで見られました。

特に,それまで自分の都合や利益のために協力していた5人が,最後にはお互いみんなのことを仲間と考えて,協力して戦うという展開が良かったです。これまであんまり立派な生活をしていなかったメンバーが,今度は命を懸けて銀河を救おうとするという展開もまた良かったです。敵だったノバ軍やラヴェジャーズが最後に協力して立ち向かうところも,熱い展開で心が盛り上がりました。

やっぱりいろんなヒーローものを作っているスタジオだけあって,それを好んで見ている人たちの王道は外していなくて,すごいなと思いました。

 

でも,トントン拍子過ぎて物足りないという気持ちもありました。主人公たちは苦労しているし負けたりしましたけど,すぐ復活してすぐに倒して,王道過ぎるが故の予想通りの展開で,ちょっと物足りなかったです。

それと,登場人物が多すぎてそれを把握するのが,ちょっと面倒だなとも思いました。敵っぽい人が何人もいて,どういう関係なのかちょっと混乱しました。

この映画はちょっと『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に似ている気がします。あの映画は続編の『アベンジャーズ』にキャプテンアメリカを出すためのキャラ紹介を兼ねた感じだったので,続編と比べるとちょっと地味な部分がありました。でもあの一作目があったからこそ,キャプテンアメリカというキャラクターに愛着がわいて『アベンジャーズ』はより面白く感じたと思うんです。

それにキャプテンアメリカの二作目『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と三作目『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は,一作目の話をうまく引き継いでとっても面白い話になっていました。私はマーベル製作の映画シリーズの中でも一番と二番に好きな映画になっているくらい好きです。

それと同じで,この映画も続編が決まっていてこの一作目を作っているので,チームのキャラクターを始めから知っている二作目からは,もっと面白くなるものなんじゃないかと思いました。キャラクター紹介に時間を取られずに,上映時間の全てで彼らの冒険を楽しめるであろう続編が楽しみになるストーリーでした。ピーターの父親がどんな人なのかもとても楽しみです。

キャラクターについて

この映画は上でも書いたように,トントン拍子過ぎると感じるほどの王道だと,私は思ったのですけれど,それでも最後まで楽しく見れたのはキャラクターが個性的で面白かったからだと思います。

主人公のピーターは,人と話すときは冗談を言ったりしてふざけているような感じだったのに,いざとなったら臨機応変に頭を使って戦ったりして,とてもかっこよかったです。ピーターが自称していた『スターロード』という名前も,最初は彼がかっこつけて勝手に決めた名前だと思っていたのに,お母さんが彼を呼んでいた名前だと知って,そんな一面もあるのかと感動しました。お母さんの歌を大事にしていたピーターが,最後にその歌でロナンの気を引く様子は,熱い展開で良かったです。ピーターは『シティハンター』の冴羽リョウみたいな大人の魅力的な深い主人公だったと思います。

 

それからやはり,ロケットとグルートのコンビの印象は強いです。

グルートはとても強くて大きくて頼りになるけど,すぐに生えてくる腕を切られてめそめそしたり,仲間思いで誰よりも優しい様子はギャップがあって可愛かったです。それに子供に自分が生やした花をあげているところも,微笑ましくて良かったです。

そしてアライグマのロケットももちろん可愛かった。乱暴な話し方をしながらもちゃんと計画を立てるところも可愛いし,「私はグルート」としか話せないグルートの言葉を彼だけが分かるところから,彼が実は優しいということも分かります。

最後の戦いで,仲間を思って飛行機で突っ込んだりグルートを思って泣いたりしていて,本当に仲間思いで可愛い奴だと思いました。

 

ガモーラとドラックスも悪くはなかったですけど,ピーター,ロケット,グルートの三人の印象が強い映画だと思います。続編では,二人も負けないぐらい活躍してくれると嬉しいです。

地味に,それまで口だけだったヨンドゥがめっちゃ強いのが分かった時は,とても驚きました。

まとめ

ヒーローものの王道展開でワクワクしながら楽しく見れる映画でした。キャラクターがとても魅力的だったので,彼らが活躍する続編が見たくなりました。音楽も昔のヒット曲が良く流れるので,知っている人は楽しめるかもしれません。

この作品を観た人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com