ササキの映画感想日記

観た映画やおすすめの映画の感想などを書いていこうと思います。あらすじには多少のネタバレを含んでいるので未視聴の人は注意してください。twitterアカウント:@sasakimovie

映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の感想,あらすじ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ(以下略)は2011年アメリカ製作映画。日本でも同年公開。キャプテン・アメリカシリーズ一作目。マーベル・シネマティックユニバースの5作目。

アベンジャーズの一人,キャプテン・アメリカ誕生の話。正義感は強いが体が貧弱な青年が,軍の計画により屈強な肉体を手に入れ,世界を脅威から守ろうとする。

予告動画

©2011 MVLFFLLC. TM & ©2011 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.

あらすじ

 舞台は第二次世界大戦中のアメリカ。主人公のスティーブ・ロジャースは正義感と愛国心が強い青年で、軍への入隊を志願していた。しかし彼は体が弱く、何度も断られていた。

 

ある日、軍に入ることが決まっていた親友のバッキー・バーンズと一緒に未来技術展覧会に行ったところ、そこでも兵士募集が行われていた。スティーブは入隊を志願した。

 

ひ弱な体から当然また断られるかと思われたが、そこにいた軍の科学者のエイブラハム・アースキンがスティーブの強い愛国心と正義感に惹かれ、彼に「スーパーソルジャー計画」に参加して、軍人にならないかと提案した。しかし、他の軍の関係者は、ひ弱な体の彼を被験者にすることをよく思わなかった。

軍の訓練に参加したある日のこと、訓練の教官が訓練生達の前に手榴弾を転がした。多くの屈強な訓練生達は、手榴弾から離れ自分の身を守ろうとしたが、一番ひ弱な体をしていたスティーブだけは、手榴弾に覆い被さりみんなを守ろうとした。

 

軍の関係者は、 その彼の勇気ある行動を認め、スティーブは正式に「スーパーソルジャー計画」の被験者になった。そして,のちにアイアンマンになるトニー・スタークの父親である天才科学者のハワード・スタークら多くの軍人が見守る中,計画は遂行された。結果は無事成功し,スティーブは筋肉モリモリのスーパーソルジャーになったが,アースキン博士はその後すぐに暗殺されてしまったため,スティーブは唯一のスーパーソルジャーとなった。

 

その後,彼は連絡が途絶えたバッキーの部隊を助けるために敵の基地に向かった。無事にバッキー達を救出したが,その途中で彼は,彼より前に不完全な超人化実験をされて副作用を起こしていたシュミットと出会う。シュミットはコズミックキューブという神の宝のようなものを兵器に使い,世界征服を企む「ヒドラ」という組織を作っていた。

 

スティーブは,ハワード・スタークにヴィブラニウムという特殊な素材からつくられたほぼ破壊不可能な盾と,星条旗のデザインの戦闘服を作ってもらい,キャプテン・アメリカとしてヒドラと戦い始めた。

 

キャプテンの部隊はヒドラのメンバーのゾラ博士の列車を襲撃したが,その時の戦闘でバッキーが谷底に落とされてしまう。大きなショックを受けるキャプテンだったが,ゾラ博士からシュミットが世界の都市を爆撃しようとしている計画を聞いて,落ち込んでいる暇もなく,シュミットのいるヒドラの基地へ向かう。

 

 amazonビデオ

http://amzn.to/2bhppz2

 DVD

感想

ストーリーについて

ストーリーは正直言って地味ですね。「アイアンマン」のほうが派手で分かりやすくて面白いと思います。それはキャプテン・アメリカが現代人ではなく,第二次世界大戦中の軍人の設定なので仕方ないです。私はキャプテン・アメリカというキャラクターが好きなので楽しめますが,そうでない人は微妙かもしれません。

 

でも,この1作目を観てる場合と観てない場合では,第2作目「キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー」と第3作目「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」の面白さがかなり変わってくると思います。

 

アイアンマンシリーズやアベンジャーズは,ほかの作品を観てるに越したことはないですけれど,その作品単体でも結構楽しめるものです。ただ,キャプテン・アメリカシリーズは前の作品とのつながりが強いので,前の作品を観てないと分からないことがあります。これはキャプテンアメリカはアイアンマンよりも分かりにくいということでもあるんですけど,だからこそ単体で楽しむのとは別の積み重なった面白さがあります。

 

これを観た後ウィンターソルジャーを観たらきっと驚きの連続で,シビルウォーではよりキャプテンの気持ちも理解できるでしょう。

ヒーローについて

「キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」はマーベル・シネマティックユニバースの中でもあまり人気がないほうです。しかし,私はかなり好きです。

 

なぜかというとキャプテン・アメリカのような弱くてまっすぐな優しい性格の青年がヒーローになるというストーリーが好きだからです。1番グッとくるシチュエーションは,弱い人が周りの自分より屈強な人を勇気を出して守るっていう感じなので,キャプテンは私にとってドンピシャでした。

 

最後のシーンの爆弾にほかの人を巻き込まないように飛行機で北極の海に一人突っ込む,という行動は強い体を手に入れても,正義感にあふれ献身的な性格は変わらない,ということが分かってよかったです。

もちろん,アイアンマンやスパイダーマンのように軽口叩きながら戦って,決めるときはかっこよく決めるというのもいいですけど,やっぱり私は優しくてまじめなヒーローが好きです。

まとめ

この映画は単体ではあまり人気がないですけど,他の作品とのつながりが強く,これを観てないとちゃんと楽しめない作品が割とあります。最新作のシビルウォーでもまだこの作品の設定が続いているくらい長いです。テレビでは放送しないので観る機会もあまりないですが,マーベル映画が好きなら観ておいて損なしです。

 

sasakimovie.hatenablog.com

この作品を観た人へのおすすめ

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com

www.sasakimovie.com